サイトマップ

審美歯科なら安心・安全のザ・ホワイトデンタルクリニック

歯周病治療

審美歯科なら安心・安全のザ・ホワイトデンタルクリニック。こちらは「歯周病と歯槽膿漏の違いについて」のページです。
歯周病治療に関する情報をお探しの方はこちらからどうぞ。

歯周病と歯槽膿漏の違いについて

歯周病は一般的に歯槽膿漏といわれます。
歯槽膿漏は歯周病菌によって歯茎、歯を支える骨(歯槽骨)が破壊され
やがて歯がぐらぐらして抜け落ちてしまう病気です。
原因は歯磨き不良です。歯磨きが悪いと歯垢がたまり、歯肉に炎症が起きます。(歯肉炎)
そのままにしていると歯肉の炎症が歯肉溝底部の組織に及び、歯周ポケットが形成されます。歯肉溝は健康な状態ですと1~2ミリの深さですが、それ以上の深さになると歯周ポケットと呼ばれ、病的な状態です。歯周病は痛みを感じませんので、知らぬ間に悪化していきます。歯周ポケットに歯周病菌が繁殖し、さらに歯周組織、歯槽骨を破壊します。その際に膿が出たり、口臭が発生したりします。場合によっては歯茎が急激に腫れだして痛みを伴う事もあります。さらに歯周病が進むと歯がぐらついてきます。この時に初めて気づく事もあります。歯周組織の破壊が歯の根の先までおよぶと歯は抜け落ちてしまいます。

歯槽膿漏にならないためには予防が肝心です。
予防は正しい歯磨き、定期的な歯科医院でのケアです。

歯磨き不良が原因ではない歯周病もありますが、それはまた別の項で説明する事にします。

歯槽膿漏治療

1 歯磨き練習、毎日の正しい歯磨き
2 歯科医院での歯石除去、歯周ポケット内の歯石除去や不良肉芽組織除去
3 必要に応じた歯周外科治療
がメインの治療です。
歯周病の炎症がおさまっても毎日欠かさず正しい歯磨きをして、きれいな状態を保ちましょう。

その他の歯周病に関するお役立ちコンテンツ

こちらでは、ザ・ホワイトデンタルクリニックからの基本的な歯周病治療の情報を発信しております。

お近くのクリニックを探す

無料カウンセリング予約 無料メール相談 モニター募集中

どんなご相談でも丁寧に対応いたします!

フリーダイヤル:0800-813-9308

歯周病と歯槽膿漏の違いについて ページ上部へ