サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

マウスピース矯正マウスピース矯正は
池袋院での施術となります。

こちらは、ザ・ホワイトデンタルクリニックの歯並び治療における「マウスピース矯正」についてのページです。
当院では、口内をスキャンしてデジタルデータ化することによって歯型を取り、患者様にぴったりと合うマウスピースを作成します。
矯正中の見た目が気になる方やご多忙な方へおすすめのマウスピース矯正に関する情報をお探しの方は、こちらをご覧ください。

[ 目次 ]

  1. 1.マウスピース矯正について

  2. 2.当院のマウスピース矯正

1.マウスピース矯正について

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正は、その名の通りマウスピースをはめて生活していただくことで、徐々に歯を動かして歯並びをきれいに揃える最新の歯列矯正法です。透明なマウスピースを装着するため、矯正期間中の見た目が気になりにくいという特徴があります。
治療期間中は歯列の動きに合わせるために2~3週間に1回、マウスピースを新しいものに交換します。デジタルスキャニングによる歯型作成のため、交換までもスムーズです。
マウスピースは1日22時間装着し、食事、歯磨き以外の時間は必ず装着するようにしましょう。
※装着する時間が短いと歯列が後戻りしてしまう可能性があります。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正のメリット

  1. 実際に装着した様子

    1.目立たない
    先述した通り、マウスピースは透明ですので、装着していることが人から気付かれにくいです。ワイヤー矯正のように金具が歯に装着されることもありませんので、目立たずに歯並びを治したい方にはおすすめです。
  2. 2.食事がしやすい
    矯正装置やワイヤーの周りには食事の度に、食べ物が詰まって非常に食事しにくいというデメリットがあります。詰まってしまった食べ物は、虫歯の原因になりかねません。マウスピース矯正の場合、食事の際にはマウスピースを外していただきますので、いつもと同じように食事をすることができます。
  3. 3.歯磨きがしやすい
    矯正器具をつけていると歯磨きが難しく、また、上記のように食べ物が詰まりやすくなっていますので装置の周りが虫歯になってしまう方も少なくありません。矯正器具やワイヤーの周りをきれいに歯磨きするために色々な種類の歯磨きや歯間ブラシ、デンタルフロスを使用する必要があります。
    マウスピース矯正の場合は器具を使用しない上に歯磨きの際はマウスピースを外していただきますので、いつもと同じような歯磨きをしていただければ大丈夫です。
  4. 4.痛みが少ない
    ワイヤー矯正の場合は、調整の度に痛みが伴います。長い間定着していた歯を動かすためには避けられない痛みですが、マウスピース矯正の場合は細かい範囲で歯を移動させて2~3週間で新しいマウスピースに交換するため、そこまでの痛みは伴いません。
  5. 5.唇や頬の内側を傷つけない
    ワイヤー矯正ではワイヤーや矯正器具が唇や頬粘膜に引っ掛かって痛みが生じたり、大きな口内炎になってしまって、会話や食事などの日常生活の中に支障をきたすことが少なくありません。
    マウスピース矯正の場合は唇や頬粘膜に引っ掛かるような器具がないため、そのようなトラブルは起こりません。
  6. 6.装置脱離、破折などがない
    ワイヤー矯正の場合は歯に接着している装置が急に外れたり、ワイヤーが飛び出してきた莉、外れたりすることがあります。そのような場合はすぐに矯正歯科を受診しなくてはいけません。忙しい生活の中で緊急で歯科医院を受診するのが困難な場合もあります。
    マウスピース矯正の場合簡単に装置は壊れませんので、緊急で歯科医院に駆け込むような状況になってしまうといったこともありません。

マウスピース矯正はこんな方におすすめ

マウスピース矯正はこんな方におすすめ

  1. 1.矯正器具をつけられない方
    仕事柄、矯正器具を装着できない、または装着したくない方などにおすすめです。
  2. 2.矯正したことがあるけど後戻りしてしまった方
    歯列矯正はリテーナーと呼ばれる固定装置を使用しないと歯が元の位置へ徐々に戻ってきてしまいます。リテーナーをきちんとつけなかったために後戻りしてきている方は、また矯正器具をつけるには非常にストレスです。そんな方にマウスピース矯正は非常におすすめです。
  3. 3.忙しい方
    ワイヤー矯正の場合は器具の破損やワイヤーが引っ掛かる、痛みがあるなどで、緊急で歯科医院を受診しなくてはいけないことがあります。歯科医院の受診を怠ると、歯列が後戻りしかねません。
    マウスピース矯正はそのような器具の破損やワイヤーの引っ掛かりなどがありませんので、お忙しい方にはおすすめです。
  4. 4.吹奏楽などしている方
    吹奏楽などの楽器を演奏する方は矯正器具をつけていると演奏しにくくなってしまいます。マウスピース矯正は取り外せますので、楽器演奏に支障をきたしません
  5. 5.金属アレルギーの方
    ワイヤー矯正の場合は器具やワイヤーは当然金属です。ですから、金属アレルギーの方は矯正することができませんでした。しかし、マウスピース矯正は金属を使用しませんので、金属アレルギーの方でも安心して歯列矯正可能です。
  6. 6.衝撃の生じる運動をしている方
    ラグビーやアメフト、格闘技など、衝撃が生じるスポーツをされている方は危険ですので矯正器具をつける際には口の中を怪我しないように慎重になっていただく、またはマウスガードをしてスポーツをしていただく必要がありました。
    マウスピース矯正は危険な器具ではありませんし、追加でマウスガードをする必要もありませんのでいつもと同じようにスポーツしていただくことが可能です。

マウスピース矯正のできない方

マウスピース矯正のできない方

  1. 1.嘔吐反射が強い方
    口の中に何かが入るとオエッとなってしまう(嘔吐反射がある)方はマウスピース矯正でも反射が出てしまう可能性がありますのでマウスピース矯正できません。
  2. 2.骨格的な歯列不正
    骨格が原因の出っ歯や受け口の方はマウスピース矯正だけでは治すことができません。その場合、医師が患者様の状態に合った矯正方法をご提案させていただきますので、まずはご相談をいただければと思います。
  3. 3.奥歯の咬み合わせを変えないといけない方
    大きく歯を動かさないといけない場合は、マウスピース矯正が適しません。このような方の場合はかなり長い期間かかりますし、使用するマウスピースの数が多くなり、費用もかさんでしまいます。その場合も医師が患者様の状態に合った矯正方法をご提案させていただきますので、ご検討いただければと思います。
  4. 4.乳歯が残っている方
    当院では、永久歯列の矯正のみを行っております。あらかじめご了承ください。

マウスピース矯正の費用

使用するマウスピース数によりますが、80万円〜です。

マウスピース矯正の注意点

マウスピース矯正の注意点

  1. 1.毎食後歯磨きをしてください
    マウスピースを装着する前には丁寧に歯磨きをする必要があります。唾液には口内トラブルを防ぐ自浄作用や濃い菌作用などがありますが、マウスピースの中には唾液が流れませんので、歯垢がついていると虫歯菌や歯周病菌が繁殖しやすくなります。ですから、装着前には必ず歯磨きをきちんとしてください。
  2. 2.矯正が終わった後はリテーナー(保定装置)を必ずしてください
    歯を動かして矯正した場合、歯並びがきれいになって矯正が終了してもそのまま放置すると必ず後戻りが生じます。ですから、後戻り防止のためにリテーナーを装着してください。

2.当院のマウスピース矯正

ClearCorrect

クリアコレクトについて

クリアコレクトとは、2006年にアメリカのテキサスで開発された最新のマウスピース矯正システムです。シリコン印象剤で歯型を取るのではなく、CT画像と口腔内スキャン画像を融合させたデジタルデータを元に、装着していただくマウスピースを作成します。
マウスピース矯正はワイヤーと違って目立ちませんので、人目を気にせず歯列矯正をすることが可能です。また、マウスピースを取り外しての食事や歯磨きが可能なため、日常生活に支障を与えずストレスフリーかつ清潔に歯列矯正ができます。

クリアコレクトでのマウスピース矯正の流れ

  1. 1.カウンセリング
    カウンセリングでは、マウスピース矯正が可能な歯並びかどうかを判断し、マウスピース矯正が可能であれば口腔内スキャナーで歯をスキャンします。
    初回のカウンセリングはこれで終わりです。
    もしもマウスピース矯正が剥かない歯並びであった場合には、医師から他の治療方法をご提案させていただきます。

    マウスピース矯正の流れ

    マウスピース矯正の流れ

    マウスピース矯正の流れ

  2. 2.治療方針の説明とお見積もり
    2回目のご来院時にスキャンデータを元に作成した治療計画をご説明いたします。治療計画に基づいたお見積りをお渡しします。
  3. 3.治療開始
    マウスピース矯正のセットをお渡しします。その時点からマウスピース矯正をスタートすることが可能です。お食事や歯磨きの際はマウスピースを外していただき、それ以外の時間(22時間)はマウスピースを装着してください。

    マウスピース矯正のイメージ

  4. 4.3週間に1回ご受診ください
    矯正を始めると、徐々に歯列が動いてきます。整った歯並びに近付けるために2~3週間でマウスピースを新しいものに変える必要がありますので、歯型を取るためにご受診ください。矯正中のご不明点や不安な点は随時医師までご相談いただければと思います。

    3週間に1回ご受診ください

  5. 5.6か月~8か月程度で終了
    毎日欠かさずにマウスピースをつけていただいていれば、およそ6~8ヵ月ほどで歯並びの改善が見込まれます。
    ※元々の歯並びの状態により終了までの期間は異なります。

  6. 6.後戻り防止のためのリテーナー(保定装置)をお渡しします
    歯並びが整って矯正が終了しても、そのまま放置してしまうと必ず後戻りが生じます。歯並びを保定し、後戻りを防止するためにリテーナーをお渡しします。医師の指導の下、装着してください。

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸先生

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

※補綴(ほてつ)とは、歯に被せ物をしたり、入れ歯をする治療法のことです。

学会誌
・原著
2002年
「鶴見歯学」
諸種補綴装置の比較統計的観察XV
・共同研究
2002年
「鶴見歯学」
即時プロビジョナルインプラントを使用したインプラント補綴
2003年
「鶴見歯学」
プローネマルクシステム・ノバムの使用経験
2005年
「J Oral Rehabil」
Clinical marginal and internal gaps of
In-Ceram crowns fabricated using the GN-I system.
学会講演
・講演(演者)
2001年06月16日
「第53回鶴見大学歯学会例会」
諸種補綴物の統計的観察:XV報
2003年2月16日
「平成14年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
鶴見大学口腔顎顔面インプラント科開設後1年間の臨床統計
甲府富士屋ホテル
2003年06月21日
「鶴見大学歯学会第57回例会」
共鳴振動周波数によるインプラントの客観的固定度の評価
鶴見大学会館 メインホール
2004年01月11日
「平成15年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
プロセラオールセラミッククラウンの前向き臨床評価第1報 1年経過後の成績
神奈川県パシフィコ横浜会議センター
2004年07月16日
「鶴見大学歯学会第59回例会」
プロセラオールセラミッククラウンの臨床評価
鶴見大学会館 メインホール
2004年09月24~26日
「第34回日本口腔インプラント学会学術大会」
早期荷重インプラントの固定度評価
大阪国際会議場
2004年10月15~17日
「第112回日本補綴歯科学会学術大会」
臼歯部オールセラミックブリッジの臨床経過
神奈川県横須賀市 横須賀芸術劇場
2005年05月14日
「第113回日本補綴歯科学会学術大会」
AGCクラウンの臨床評価 第1報 12~24ヶ月の初期の成績
大阪市 グランキューブ大阪(大阪国際会議場)
2006年01月08日
「平成17年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
GN-Iインセラムクラウンの臨床評価
パシフィコ横浜アネックスホール
・講演(共同演者)
2001年06月16日
「第53回鶴見大学歯学会例会」
『インプラント診療受付』に関する統計的観察
2001年12月15日
「第54回鶴見大学歯学会例会」
Lead Systemによる歯槽骨仮骨延長症例の検討
2002年06月15日
「第55回鶴見大学歯学会例会」
ブローネマルクシステム ノバムの使用経験
2002年12月21日
「第56回鶴見大学歯学会例会」
口腔顎顔面インプラント科開設後1年間の臨床統計
2003年05月09日
「第109回日本補綴歯科学会学術大会」
オールセラミッククラウンの臨床的適合度
品川区立総合区民会館「きゅりあん」
2003年10月24~26日
「第110回日本補綴歯科学会学術大会」
電鋳システムにより製作したクラウンの臨床的適合度
長野県県民文化会館
2003年11月14・15日
「The 3rd Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics,」
Prospective clinical study of Procera AllCeram crowns.
Part1. Results of 1-year follow-up
Taipei,Taiwan R.O.C
2003年11月30日
「平成15年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会」
CAMで製作されたコーピングの適合度
沖縄県市町村職員共済組合自治会館
2003年12月20日
「鶴見大学歯学会第58回例会」
諸種補綴装置の比較統計的観察X?
鶴見大学会館 メインホール
2004年01月11日
「平成15年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
インプラント補綴装置のトラブルについて 神奈川県パシフィコ横浜会議センター
2004年10月15~17日
「第112回日本補綴歯科学会学術大会」
GN-I により製作したオールセラミッククラウンの臨床的適合度
神奈川県横須賀市 横須賀芸術劇場
2005年03月05日
「平成16年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
;鶴見大学歯学部附属病院口腔顎顔面インプラント科 開設3年の治療実績について
鶴見大学会館
2005年07月16日
「鶴見大学歯学会第61回例会」
本学歯学部臨床実習生への口腔顔面インプラント科 教育実習の導入の試み
鶴見大学会館メインホール
2005年10月01・02日
「第114回日本補綴歯科学会学術大会」
プロセラオールセラムクラウンの前向き臨床評価 2-3年経過後の成績
新潟市 朱鷺メッセ
2005年11月04日
「第9回日本顎顔面インプラント学会学術大会」
1歯欠損に対するインプラント治療の統計的考察
福岡市 福岡国際会議場
2005年11月27日
「日本口腔インプラント学会 第25回関東甲信越支部学術大会」
本学歯学部臨床実習生へのインプラント教育実習導入の試み
豊島区 サンシャインシティプリンスホテル
2005年11月27日
「日本口腔インプラント学会 第25回関東甲信越支部学術大会」
鶴見大学歯学部口腔顎顔面インプラント科 開設3年の治療実績について
豊島区 サンシャインシティプリンスホテル
2006年01月08日
「平成17年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
CAD/CAMの補綴装置への応用
パシフィコ横浜アネックスホール
2006年01月28・29日
「平成17年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
CAD/CAMの補綴装置への応用
鶴見大学記念館

一言に歯並びと言っても、笑ったとき、話しているとき、口を閉じているときに一番美しく見える歯の形や歯並び、歯の色を追求する必要があります。

診療に当たる上で最も重要視しているのは患者様の要望です。

歯科医師がどんなに理想的な歯並びだと思っても、必ずしも患者様が同じように良いと思ってくれるわけではありません。

ご希望のお口元にするためには患者様と一緒に歯並びや歯の形を作り上げていくものだと考えています。

お近くのクリニックを探す


無料カウンセリング予約 無料メール相談 モニター募集中

どんなご相談でも丁寧に対応いたします!

フリーダイヤル:0800-813-9308
  • カウンセリング予約
  • 無料メール相談

ザ・ホワイトデンタルクリニックの「歯科治療 よくある質問」と「歯科治療 お悩みQ&A」

こちらでは、ザ・ホワイトデンタルクリニックに寄せられる「歯科治療 よくある質問」と「歯科治療 お悩みQ&A」をご紹介しております。

歯科治療 よくある質問

治療期間中に歯の見た目が見苦しくなったりしませんか?
治療期間中はプロヴィジョナルレストレーションと呼ばれる…

歯科治療は虫歯などの普通の治療はしてくれますか?
当院では、歯科治療的な治療のみならず、虫歯や歯槽膿漏…

自分の歯のままで治療は出来ないのですか?
歯科治療の方法はいくつかあります。その中には自分…

>> 歯科治療 よくある質問一覧へ

歯科治療 お悩みQ&A

抜けた歯を取り戻したい
「思い切り食事や会話を楽しみたい。…でも入れ歯しか方法…

歯並びをキレイにしたい
歯並びが悪くて笑顔に自信がない、でも長期治療は…という…

白い歯を手に入れたい
輝く白い歯を手に入れたいう方へ、そんなあなたには…

>> 歯科治療 お悩みQ&A一覧へ

ラミネートベニア ページ上部へ ザ・ホワイトデンタルクリニックTOPへ

ザ・ホワイトデンタルクリニックの診療項目一覧