サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

りんかく形成

コンプレックスを解消して、患者様に合った美しいかたちへ。

目や鼻がいくら整っていても、全体の印象を決める大きな要素となるのがお顔のりんかくです。

丸顔=「かわいらしい」、エラの張ったりんかく=「意思が強そう」など与える印象はさまざま。

患者様に合ったイメージに近づけるには、目や鼻などのパーツとりんかくが調和していることが重要となります。

faceline

Eラインとは

Eラインバランスのとれたりんかく、前面から見たものだけでなく、側面から見るラインを考慮することも大切です。その基準となるのが、一般にEラインと呼ばれるもの。

美人の証Eラインの黄金比とは?

Eラインとは、鼻先・上唇・下唇・顎先の4点を結んだラインのことで、これが直線になるのが望ましいとされています。

Eラインを乱す原因をチェック!

Eラインを乱してしまう大きな原因となるのが、アゴ周りの悩み。特に、下唇のほうが上唇よりも前方に出ている場合、横顔のみならず、正面から受ける印象も大きく左右します。

口腔外科との連携アプローチで口元の健康をケアしながらの治療がベターです。りんかくが整うだけでなく、表情が魅力的になる効果も。

骨格形成による「受け口・出っ歯・ガミースマイル治療の流れ」

小さく上品なりんかくへ。

「口元の突出やアゴの出っ張りが気になるけど、生まれつきだから…。」と言ってあきらめる前にご相談ください。

口腔外科との連携により、骨の突出による出っ歯でも美しく解決させることを目的としています!!

◆症例写真をチェック!

下顎+顎中

この症例写真は、下顎骨切り+顎中抜きを行った際のものです。

顎中抜きとは、骨格形成の一つで長 い顎やシャクレた顎を小さくする治療法ですが、症例写真を見ると見事に顎が小さくなっているのがお解かりになると思います。

また、治療は口腔内からのアプロー チになりますので傷跡は残りません。

症例写真はこちら

「骨切り手術の流れ」

当院での、骨切り手術の流れをご説明いたします。

◆症例写真をチェック!

症例

こちらの症例写真は、上下顎骨切りを行った際のものです。

術前は、顎が飛び出していたのですが、骨格を内側に入れ込んで輪郭を治療しました。上下顎骨切りにより 、顔全体の印象が変わり、横顔はまるで別人です。

また、治療は口腔内からのアプローチになりますので傷跡は気になりません。

症例写真はこちら

永山

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

症例写真

実際に受けられた患者様の症例写真をご紹介します。

  • 症例1
  • 症例2
  • 症例3
  • 症例4
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中