サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

すきっ歯矯正

こちらはすきっ歯矯正についてのページです。
すきっ歯矯正に関する情報をお探しの方はこちらからどうぞ。

【目次】


  1.すきっ歯とは   ー ラミネートベニア法
  2.すきっ歯の原因     ・ ラミネートベニア法はこんな方にお勧め
  3.すきっ歯の治療方法     ・ 治療の流れ
  ー セラミック法     ・ 症例写真
    ・ セラミック法はこんな方にお勧め     ・ 料金
    ・ 治療の流れ   ー ワイヤー矯正
    ・ 症例写真     ・ ワイヤー矯正はこんな方にお勧め
    ・ 料金     ・ 治療の流れ
  ー 部分矯正を併用したセラミック法     ・ 料金
    ・ 部分矯正はこんな方にお勧め
    ・ 治療の流れ   
    ・ 症例写真   
    ・ 料金   
 


すきっ歯とは

すきっ歯は歯の間に隙間が空いている状態を言います。



会話したり笑ったときに目立ちますので、見た目を気にする方が多いです。また、息が漏れて発音がうまくできていない方もいらっしゃいます。(滑舌が悪い)
歯科検診などでは「空隙歯列」や「歯間離開」と言われます。
歯が生えてきた時から隙間がある場合や、成人になってから舌の癖や歯周病のせいですきっ歯になる事があります。
乳歯の時のすきっ歯は生理的なものですのでさほど心配はありませんし、治す必要もありません。



すきっ歯になる原因

すきっ歯になる原因はいくつかあります。


1. 先天的に歯が小さい(矮小歯)


レジン充填の写真


この写真の様に2番目の歯が矮小歯の状態の方は歯が小さい分すきっ歯になる傾向があります。歯並びが良い場合はラミネートべニア法やセラミッククラウン法で治療します。


ラミネートべニア法によるすきっ歯治療の症例写真



2. 生えてこない歯がある(先天欠損歯)


先天的な欠損


現代人は2番目の歯が先天的に欠損している場合があります。元々歯が無いとその分すきっ歯になってしまいます。その様な場合はセラミッククラウン法で無い歯の部分はブリッジをして、すきっ歯治療します。


オールセラミッククラウン法によるすきっ歯治療の症例写真



3. 歯の大きさに比べて顎が大きい)


歯の大きさに比べて顎が大きい


顎のアーチが大きい場合は歯の大きさが正常でも隙間が出来てしまいます。その様な場合はセラミッククラウン法もしくはワイヤー矯正で治療します。


オールセラミッククラウン法によるすきっ歯治療の症例写真



4. 舌を前に押し出す癖があるために歯が広がってしまっている


歯の大きさに比べて顎が大きい


食べ物や飲み物を飲み込む際に舌を前歯の裏に押し付けて飲み込む癖のある方は前歯が徐々に開いてすきっ歯の状態になってしまいます。

幼児期に指しゃぶりの癖が治らず、出っ歯になっている方や受け口の方で力を入れないと唇を閉じる事が出来ない方にこの傾向があります。

この様な場合は舌癖を治すトレーニングが必要ですが成人になるとなかなか治りません。ですからワイヤー矯正で治療してもまた舌で押してしまい、すぐに後戻りしてまたすきっ歯になってしまいます。

セラミッククラウン法でセラミックを連結して入れる事で舌癖があっても後戻りしないよう治療する事が可能です。


オールセラミッククラウン法によるすきっ歯治療の症例写真



すきっ歯の治療方法

1.セラミック法


1.セラミック法はこんな方におすすめ

・少回数で治療したい方
・歯並びや出っ歯も同時に治療したい方
・歯の大きさや長さ、形を変えたい方
・矯正器具を付けたくない方
・歯周病ですきっ歯になってしまった方
・歯の色を好みの白さにしたい方



2.治療の流れ

「セラミック法」によるすきっ歯治療の流れ

ザ・ホワイトデンタルクリニックでの、すきっ歯治療の流れをご説明いたします。

ステップ01:歯型をとる

まず、歯の表面を土台状に削り、型をとります。

この段階ですき間はなくなります。今まで気にしていたすきまも1回目の治療で改善されます。

ステップ02:セラミックを装着します

出来上がったセラミックを接着し、完了です。

ザ・ホワイトデンタルクリニックなら、わずか2回の治療で終了です!

◆症例写真をチェック!

すきっ歯でお悩みのためご来院した患者様に、セラミック法でのすきっ歯治療を行った時の症例写真です。

症例写真はこちら
※歯並びが著しく悪い場合には抜歯などが必要になる事もあります。このような場合は治療回数が1~2回多くなる事もあります。

3. 症例写真


◆症例写真をチェック!
1回目の治療時には仮歯を入れて隙間をなくせます。上の歯はすきっ歯だけでなく、少し前にでていましたので、隙間をなくすと同時に歯を内側に入れ込みました。治療回数は4回でした。

症例写真はこちら

[No.TG-0015/上セラミック4本・下セラミック4本/20代女性モニター]



◆症例写真をチェック!
この方は虫歯と歯茎が下がったためにはと歯茎の間に隙間ができてしまっている状態やブリッジの治療をご希望されました。
まず1回目の治療時にグラグラした前から2番目tの差し歯は抜歯しました。それと同時に虫歯を取って仮歯にします。きれいな仮歯を入れた状態で治療を進めますので治療期間中の見た目は全く気になりません。
虫歯治療、根の治療をした後セラミックの歯を被せて治療終了です。
この方の治療回数は5回でした。

症例写真はこちら

[No.TG-0014/メタルボンドクラウン法 上8本/40代女性モニター]



4. 料金


セラミック法は治療する歯の本数で料金が決まります。またセラミックの材質によっても料金が違います。1本8万円のセラミックで2本治療する場合は16万円です。(税別価格)治療費のお支払いは3〜84回まで分割可能です。


セラミック法によるすきっ歯治療の費用はこちら


2.部分矯正を併用したセラミック法


1.部分矯正を併用したセラミック法はこんな方におすすめ

・隙間が広い方
・歯の位置がずれている方
・もともと歯が生えていない部分がある方
・少回数で治療したい方


2.治療の流れ

すき間が大きい方の場合

「部分矯正とセラミック法の併用」

ステップ01:前歯の部分に矯正器具をつける。

3ヵ月程、部分矯正をします。月1回ご来院下さい。

ステップ02:矯正器具を外して、歯の表面を土台状に削って仮歯にします。

ステップ03:歯型をとります。

ステップ04:キレイに揃ったセラミックを被せて終了です。

この症例写真の詳細はこちら

3.症例写真

MTM(部分矯正)を併用したセラミッククラウン法によるすきっ歯治療の症例写真

[No.TG-0012/MTM(部分矯正)・セラミック法 上前歯4本/20代男性モニター]



症例写真はこちら 隙間の幅が広い歯の幅がバランス良くなるように、矯正装置を3か月程装着してMTM(部分矯正)を行い、歯の移動が出来たら4本連結したセラミッククラウンの歯を被せて治療終了しました。


先天欠損がある方

MTM(部分矯正)を併用したセラミッククラウン法によるすきっ歯治療の症例写真

[No.TG-0011/MTM(部分矯正)・セラミッククラウン法 /20代女性モニター]



症例写真はこちら もともと歯が小さい部分があるのと、歯がない部分があるためにこの様な隙間の空いた歯並びとなっています。まず4か月間、部分的なワイヤー矯正(MTM)を行い、セラミッククラウンの歯に置き換えました。



MTM(部分矯正)とオールセラミッククラウン法・メタルボンドクラウン法を併用した歯並び矯正治療の症例写真

[No.TG-0010/オールセラミッククラウン 12本、メタルボンドクラウン 5本/30代女性モニター]



症例写真はこちら上の歯はもともとない歯があるためすきっ歯の状態でした。下の歯は歯周病の影響で抜歯をしました。そのままでは歯の幅が小さくなってしまうことが懸念されましたので、まずはワイヤー矯正をしてセラミックにて治療しました。



4.料金

部分矯正は30万円です。
そのほか、セラミックの料金は1本8万円からございます。


部分矯正によるすきっ歯治療の費用はこちら


3.ラミネートベニア法


1.ラミネートベニア法はこんな方におすすめ

・上の歯の隙間の場合
・少回数で治療したい方
・隙間だけでなく歯の色を好きな白さにしたい方


2.治療の流れ

ラミネートベニア法」 によるすきっ歯治療の流れ

ザ・ホワイトデンタルクリニックでの、ラミネートベニア法の治療の流れをご説明いたします。

ステップ01:歯の表面を薄く削り、型をとる

歯の表面を1ミリ弱削ります。元々、歯が小さい矮小歯という場合は削らない事もあります。その後歯型を採ります。

歯型を採った後は隙間をなくした仮歯を貼り付けます。この時点で隙間がなくなります。

ステップ02:セラミックプレートを装着し完了

薄いセラミックを付け爪のような感じで歯に接着して完了です。

ラミネートベニアはセラミック製ですので、くすんだり黄ばんだりなど経年劣化をしにくいです。

3.症例写真

◆症例写真をチェック!
歯並びはきれいなので歯の表面に薄いセラミックを貼り付ける「ラミネートベニア法」で治療しました。ラミネートベニア法は取れたり、黄ばんだりしにくいです。

症例写真はこちら

[No.LV-0001/ラミネートベニア 4本/30代女性モニター]



4.料金

ラミネートベニアは1本12万円です。総額は治療する歯の本数で決まります。
例えば2本であれば24万円です(税別価格)
お支払いは3〜84回まで分割可能です。


ラミネートベニア法によるすきっ歯治療の費用はこちら


4.ワイヤー矯正


1.ワイヤー矯正はこんな方におすすめ

・歯を削らずに治療したい



2.治療の流れ

歯に矯正器具を付けます。
ゴムやワイヤーの力を利用して徐々に歯を動かします。
調整は月1回程度です。



3.料金

片顎60万円です。



ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

すきっ歯矯正の症例写真

ザ・ホワイトデンタルクリニックですきっ歯矯正を実際に受けられた患者様の症例写真をご紹介します。

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中