サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

痛くない歯医者

歯医者恐怖症である方や、処置音の高音に抵抗がある方、痛みに敏感な方に、針の刺さる痛みすらも和らげる「二段階麻酔法」をおすすめいたします。アフターケア

歯科の二段階麻酔法とは?

麻酔の針が刺さる痛みも和らげるために、2回にわけて患部を麻痺させていく処置法です。

痛みに弱い方は針が刺さる痛みにも大変恐怖を感じます。

「少しんの痛みもイヤ!」という方にオススメです。

なぜ痛みを抑えられる?

[麻痺させるシールを患部に貼ります]
シール患部に、針が触れたときの痛みを感じにくくする、強力な「麻酔シール」を10分ほど貼って歯肉の感覚を麻痺させます。
[局所麻酔を行います]
専用器具ゆっくりと薬を注入できる、局所麻酔器で、痛みが出ないように注入します。
極細針自体も、極めて細い物を使いますので、痛みを感じにくいです。
[薬が浸透したら治療スタートです]
薬が十分浸透するのを待って(約5分)から始めます。

痛みの少ない局所麻酔をするために、十分な時間をおとりしています。

それでも怖い

そんな方には、熟睡状態で治療が受けられる静脈内鎮静法もございます!この処置法は”嘔吐反射が強い方”にもオススメです。

静脈内鎮静法とは?

リラックス
  1. [眠くなる薬を点滴]

    ※全身麻酔ではありません。

  2. [5分ほどでぐっすり熟睡状態]

    熟睡していますので痛みはもちろん、キーンという嫌な治療音も聞こえにくくなります。
    また、麻酔の専門医が常駐して対応します。

  3. [寝ている間に治療]

    患者様が寝ている間に必要な処置を行います。

  4. [目覚めたら治療が完了]

    15分ほどお休みいただいて、そのままお帰りいただけます。

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中