サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

少回数で治療できるすきっ歯(正中離開)の治療方法ついて

こちらは「前歯がすきっ歯(正中離開)の方向けの治療法」のページです。
すきっ歯矯正に関する情報をお探しの方はこちらからどうぞ。

【目次】


  1.隙間が少〜中等後の場合   2.隙間が大きい場合
  ー セラミック法   3.自力ですきっ歯を治せるのか
  ー ラミネートベニア法    
 


前歯がすきっ歯の方向けの治療法

前歯がすきっ歯(正中離開)の治療法は隙間の幅によっていくつかあります。


歯の隙間が少~中等度の場合

1.セラミッククラウン法

歯の表裏面を削り、その上に隙間を無くした状態のセラミックの歯を被せこんで隙間を無くす治療方法です。隙間と同時に歯並びや噛み合わせも整える事が可能です。1回目の治療時に仮歯を入れますのでその時点で隙間が無くなります。治療は2~3回で終了します。

すきっ歯矯正のセラミッククラウン法

オールセラミッククラウン法によるすきっ歯治療の症例写真

2.ラミネートベニア法

歯の表面を少し削ってその上に隙間を無くした状態のラミネートべニアを貼り付けて治療します。下の歯の隙間にはあまり適さないので、主に上の歯のすきっ歯治療の適応となります。また、歯ぎしりや食いしばりの癖がある方など、噛み合わせによっては出来ない場合もございます。治療は2回で終了します。

ラミネートベニア法

ラミネートベニア法によるすきっ歯治療の症例写真


歯の隙間が大きい場合

歯の隙間が大きい場合

この写真の様に正中離開が大きい場合は部分矯正を併用したすきっ歯治療がおすすめです。部分矯正を併用したセラミッククラウン法の治療法は、まず部分的なワイヤー矯正を3か月程度行います。隙間がある程度閉じて歯の位置のバランスが整い次第、セラミッククラウン法を行います。部分矯正を併用する事でバランスの良い歯の幅にする事が可能です。

部分矯正を併用したセラミッククラウン法によるすきっ歯治療の症例写真

自力ですきっ歯を治せるのか

隙間を自分の力だけで治す事は出来ません。
ただ、現状の隙間をこれ以上広げないためにできる事はあります。
・歯を正しく磨いて歯周病にならないようにする
・口をぽかんとあかずに閉じる癖をつける
・舌で前歯の裏を押さないようにする
隙間をなくしたいと思っている方は自力で治そうとせずに歯医者さんで相談しましょう。
ネットなどの自力で治す方法は試さない方が賢明です。



| すきっ歯矯正治療 トップ |

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中