サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

治療についてのよくある質問

こちらは治療についてのよくある質問をFAQ形式でわかりやすく回答した内容を掲載しています。

FAQ

自力で歯列矯正する事は出来るのでしょうか?
残念ながら自力では出来ません。 歯はそう簡単には動かせませんし、歯並びをきれいにするのは歯がきれいに並べられるスペースが無いとできませんので セラミックによる矯正を行っている歯科や歯列矯正歯科をご受診ください。

歯列矯正中に食事はできるのですか?
セラミック法での歯列矯正中は通常と変わらない食事をして頂けます。 前歯が仮歯になっている場合は硬いもの(フランスパンなど)を丸かじりするような事は避けて頂いております。 それ以外は通常通りの食事で構いません。 ワイヤー矯正をされている場合の食事は注意が必要です。 繊維質の食事はワイヤーや矯正器具に絡まりやすいので、食後は歯磨きが必要になります。 また、ワイヤー矯正中に歯が動く時は痛みがありますので歯ごたえのあるものは避けた方が良いかもしれません。

歯列矯正に保険は適応出来ますか?
保険適応外の治療です。 顎が病的に変形している場合を除いては保険適応はございません。 ワイヤー矯正や審美歯科でのセラミック矯正は自費での治療です。 ザ・ホワイトデンタルクリニックでは部分的な歯列矯正を行えますので費用を抑えて治療する事が可能です。 また、お支払いも分割払いが可能ですので無理なく歯列矯正をして頂けます。  

治療は歯を抜かなくてはいけませんか?
必ずしも歯を抜くというわけでは御座いません。 基本的にはやむを得ない場合のみです。 歯を選ぶということは、材料・色・種類を選択するということです。

自分の歯のままで治療は出来ないのですか?
歯科治療の方法はいくつかあります。 その中には自分の歯のままで治療する方法もありますので、 カウンセリング・お電話(フリーダイヤル)などをご活用いただき、当院までご相談いただければと思います。

虫歯などの普通の治療はしてくれますか?
当院では、審美的な治療のみならず、 虫歯や歯槽膿漏、歯のクリーニング、ホワイトニングなど、トータルな対応をしております。 

治療期間中に歯の見た目は見苦しくなったりしませんか?
治療期間中はプロヴィジョナルレストレーションと呼ばれる、 仮歯を使用していただきます。 また当院では、仮歯にも十分に注意し普段の生活を行う上で、審美的・機能的に問題が生じないよう治療を行っております。

歯科治療を安価でできますか?
ザ・ホワイトデンタルクリニックでは院内でセラミック法の歯やホワイトニングのマウスピースを製作していますので、 その分のコストカットができています。 安価というのはどの程度なのか人によるとは思いますが、 費用対効果の面から考えますとザ・ホワイトデンタルクリニックは安価と言えます。

部分矯正の相談もできますか?
ザ・ホワイトデンタルクリニックの矯正は歯並びが気になる部分だけの部分矯正も可能です。 前歯1本から矯正可能です。 ザ・ホワイトデンタルクリニックの部分矯正はワイヤー矯正とセラミック法の2種類があります。 部分矯正に必要な期間などによってどちらの部分矯正にするかお選び頂いております。 ただ、1本だけ気になってもそのお隣の歯の矯正もしないと治せない事もございます。 部分矯正をご希望の方はまずザ・ホワイトデンタルクリニックにご相談いただければと思います。

歯科矯正に痛みはありますか?
歯科矯正には色々と方法がありますが、ワイヤーによる歯科矯正は歯根が動く時に痛みがあります。 痛みの期間はワイヤー矯正装置の調整をした後しばらく続きます。 痛みがある時は歯が動く時なので痛みを避ける事はできませんが、ある程度我慢して頂ければ収まっていきます。 その様な事を毎月繰り返しながら、歯を持続的に動かしていくのがワイヤーによる歯科矯正です。 また、ワイヤーなどの装置が頬や唇、下にあたってしまう事による痛みが出る事もございます。 この様な痛みの場合は装置の周りにカバーなどをして対処したりします。 ワイヤーの煩わしさに抵抗がある場合はセラミック法をお勧め致します。 この方法は痛みを感じにくくしながら歯並びを治すことが可能です。

目立たない矯正方法はありますか?
目立たない矯正をご希望の方にはセラミック法がお勧めです。 これは歯並びや出っ歯、受け口、すきっ歯などがきになる部分の歯の表面を削って その上にセラミックの歯を被せて矯正をする方法です。 治療中は白くきれいな仮歯を入れますので目立たない矯正をする事が可能です。 他の目立たない矯正法は裏側にワイヤー矯正装置をつけて矯正する方法です。 目立たない矯正は以上の2つの方法がありますので、 治療期間や費用に応じてどちらの目立たない矯正をするかお選び頂けます。

矯正をするときに親知らずを抜きますか?
一般的にワイヤー矯正をする時には親知らずが邪魔になりますので抜歯する事がほとんどです。 ザ・ホワイトデンタルクリニックのセラミック法であれば親知らずがあっても矯正は可能です。 歯並びなどを矯正してから親知らずを抜歯するかどうか検討して頂いております。 親知らずの周りの歯茎に炎症があったり、腫れた事がある様な場合は早めに抜歯する事をお勧め致します。

出っ歯の原因は何ですか?
出っ歯の原因は子供の頃に指しゃぶりをしていた事や遺伝がほとんどです。 また、歯が大きかったり、顎が小さい場合も出っ歯となります。 指しゃぶりは2歳まではかまいませんが、それ以降はやめさせないと、上顎の発達に影響がでて骨ごと出ている出っ歯になってしまいますので要注意です。 歯が大きい、顎が小さい事が原因の出っ歯は矯正で改善できます。 ザ・ホワイトデンタルクリニックではあらゆる原因による出っ歯治療に対応しております。

入れ歯にはどんな種類がありますか?
一般的に入れ歯というのは歯が一本もない方のための総入れ歯と部分的に歯がない方のための部分入れ歯があります。 総入れ歯はプラスチック製のものや金属製の総入れ歯があります。金属の方が薄くて違和感が少ない入れ歯です。 また、部分入れ歯もプラスチックの部分入れ歯と金属の部分入れ歯があります。 部分入れ歯の場合は金属の留め金をご自身の歯に引っ掛けて装着します。 その金属の留め金が見えて嫌だという方のためにはスマイルデンチャーという部分入れ歯がお勧めです。 スマイルデンチャーは留め金の部分がピンク色の歯茎のような色のために目立ちにくくなります。 入れ歯を入れていることは気づかれにくいでしょう。入れ歯は必ず取り外しが必要です。 また、どうしても慣れられない、という方にはインプラント治療がお勧めです。

部分入れ歯の種類にはどんなものがありますか?
部分入れ歯にはプラスチック製の部分入れ歯と金属製の部分入れ歯があります。 金属の入れ歯の方が薄くて装着感がプラスチックよりも快適です。 ただ、この2つの部分入れ歯は金属の留め金をご自身の歯に引っ掛けて装着します。 その金属の留め金が見えて嫌だという方のためにはスマイルデンチャーという部分入れ歯がお勧めです。 スマイルデンチャーは留め金の部分がピンク色の歯茎のような色のために目立ちにくくなります。 入れ歯を入れていることは気づかれにくいでしょう。入れ歯は必ず取り外しが必要です。 また、どうしても慣れられない、という方にはインプラント治療がお勧めです。

入れ歯に保険は利きますか?
総入れ歯も部分入れ歯も保険は利きます。 ただ、保険の利く入れ歯は分厚いプラスチックの入れ歯ですので、 発音がしにくい、食事がしにくい、味がわからない、歯茎に当たって痛いなどのデメリットが大きいでしょう。 その様な事でお悩みの方にはインプラントがお勧めです。全部の歯にインプラントを入れれば入れ歯を使わなくて良くなります。 ご予算を抑えたい方には部分的にインプラントを入れて、小さな入れ歯にすることができます。 インプラントで支える入れ歯はがたついたり、外れたりしにくいですので不便を感じることは少ないでしょう。

あごのしゃくれは治す事ができますか?
ザ・ホワイトデンタルクリニックでは受け口としゃくれでお悩みの方に下顎骨切り手術をお勧めしています。 この手術はかみ合わせが受け口なのを正常なかみ合わせにできると同時にしゃくれた顔も改善できます。 歯のかみ合わせだけの治療ではしゃくれを治す事は難しいでしょう。 当院では1日でしゃくれが治せますので、しゃくれを少回数で治したい方にはおすすめです。 下顎骨切り手術によるしゃくれ・受け口治療の流れ

よくある質問一覧へ

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中