サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

ブリッジの寿命について


ブリッジの寿命は個々の口腔内状況によって全く違います。
治療した結果、歯とブリッジとの間にて隙間が大きすぎないことや、歯とブリッジが隙間なく入っていることが、ブリッジを長期にわたって安定的に使用できるポイントと言えます。
一方、ブリッジと歯の間にできる隙間や、支えている歯によっては、ブリッジの寿命を短くしてしまう可能性もあります。
こちらのページでは、ブリッジを長期間にわたり安定して使用する秘訣と、反対にブリッジの寿命を短くしてしまう複数の要因についてご紹介します。

ブリッジを長期間安定して使用する秘訣

被せてある歯がきちんと歯と隙間なく入っていて、噛み合わせも悪くない様な場合

被せてある歯がきちんと歯と隙間なく入っていて、噛み合わせも悪くない様な場合

ブリッジの周囲を正しく歯磨きできていれば、歯周病のリスクが少なくなり長期にわたって安定的に使えるでしょう。

 

ブリッジのお手入れ

ブリッジの場合、歯と歯の間を歯間ブラシもしくはスーパーフロスを使用して清掃する事をお勧め致します。

ブリッジの寿命を短くしてしまう要因

以下の様な場合は、支えにしている根が折れたり、歯周病が進行したり、ブリッジの内部で虫歯が出来てしまうリスクが高いのでブリッジの寿命が短くなってしまうかもしれません。


①ブリッジと自分の歯の間に隙間がある場合

②歯茎とブリッジの間が大きく空いていて、食べ物が良く詰まるような場合

③口腔内全体の噛み合わせが悪い場合

④支えにしてる歯が細い、根が少ししか残っていない

⑤太く長い金属の土台が入っている

 

ブリッジに限ったことではありませんが、口腔内の様々な要因が組み合わさって治療後の歯の耐久性が決まります。
1部分の治療で完結するわけでは無く、口腔内全体の状況も治療した部分に影響します。
出来る限りブリッジの寿命を短くしてしまうリスク要因を排除し、長期的にブリッジが維持できるようにメインテナンスしていく必要があります。

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中