サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

入れ歯とブリッジの違い


歯を失ってしまった方が検討する治療法に入れ歯の装着とブリッジ、インプラントなどが存在します。取り外す必要がある入れ歯に対し、一度治療を行ってしまえば取り外すことがないブリッジやインプラントにはそれぞれメリットとデメリットが存在します。
こちらのページでは、その違いを口腔内で抜歯した歯の本数とあわせてご説明します。

それぞれの相違点

一般的な
当院のスマイルデンチャー(金属の見えない)

入れ歯は歯が無い部分やその周囲の歯に留め金を引っ掛けて入れるものです。
取り外す必要があるのと、大きさによっては違和感が強かったり、しゃべりにくかったり、食事がしにくかったりします。
また、部位によっては金具が見えたりして人に気づかれたりします。年齢的にもまだ受け入れられないという方もいらっしゃいます。

ブリッジは無い歯の両隣の歯を削ってその上に被せる方法です。完全に歯に接着しますので取り外す必要はありません。ご自身の歯の様に使う事が出来ます。


その他の方法

ただ、両隣が健康な歯の場合は歯を削らずに欠損部に歯を入れられるインプラントの方がメリットは大きいでしょう。

歯が無くなった場合の選択は口腔内環境、周りの歯の状態、予算によって入れ歯、ブリッジ、
インプラントという3つの方法から選択して頂いております。

治療費の高額化

永山

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中