サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

前歯のブリッジ治療で気を付けること

前歯は目立つ部分ですのでできればより自然で、変色しないものが好ましいです。
保険治療にて使用されるブリッジは、治療後は問題ない可能性が多いですが、時間が経過すると変色などする可能性があります。当院にて使用するセラミックブリッジは形や長さ、歯の角度からお好みの白さに調整することができるため、顔の中でも比較的目立つ部分である前歯へブリッジ治療を行うには的確と言えます。
このページでは、前歯にブリッジ治療を行う際に気をつける点をご紹介します。

保険治療のブリッジは治療を繰り返す場合も

保険治療のブリッジは治療を繰り返す場合も

保険治療で前歯は白いブリッジに出来ますが、歯の形や長さ、色の調整はそんなに細かくできません。保険のブリッジを入れてしばらくは問題無いかもしれませんが、時期に黄ばみ、歯茎の部分は金属色が出てしまい、笑うと歯茎が黒い状態になってしまいます。まただんだん黄ばんでつやがなくなります。
もしこれが気になったら再治療です。
黄ばんだブリッジを壊して、新たなブリッジを作って被せます。
保険のブリッジを入れる場合は何年かおきにこれの繰り返しです。
外して、新しく作れば良いだけと思われるかもしれませんが、ブリッジを作り直す際に多少歯をまた削ります。ですから残っている歯が少なくなっていってしまいます。

前歯にも長期的に良い状態のブリッジを使用していただくために

前歯にも長期的に良い状態のブリッジを使用していただくために

当院では長期間良い状態でブリッジを使って頂くためにまず仮歯の段階で患者様の希望に応じたブリッジの形、長さをデザイン致します。
仮歯の形をセラミックのブリッジに反映させますので、ブリッジの形や長さ、歯の角度など気に入る形にする事が出来ます。
また、ブリッジの色もお好みの白さに出来ます。
よりきれいなセラミックのブリッジを希望される方はご自身の歯をホワイトニングして、きれいなご自身の歯の色に合わせてセラミックブリッジの歯の色をお作りしております。

次に歯茎の色に関してです。従来のセラミックブリッジですと歯茎の部分に金属が見えてきてしまって、歯茎の部分が黒っぽくなってしまいました。
しかし当院では歯茎に接する部分だけ特殊な加工を施してセラミックにしたもの(メタルボンドA)やオールセラミックブリッジがありますので、何年かして歯茎が黒ずむ事もございません。

前歯がきれいですと歯を気にせず笑ったり、
会話できますのでよりよい生活が送れる様になります。

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中