サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

歯医者が教える、虫歯予防の歯磨き方法から食生活まで

こちらは虫歯の進行度における虫歯の痛みと、虫歯になってしまった歯に対する治療内容を解説しています。
歯が痛むときは、どのように痛いか。痛む歯を見るとどのような状態になっているかを確認することで、虫歯の進行がどのくらい進んでしまっているかを確かめることができます。

虫歯の痛みと治療方法

虫歯はその進行度合いによって、痛みの有無やどんな風に痛むのかが変わってきます。それに応じて治療法もまた異なってきますので、丁寧に段階を踏んで見ていきましょう。

1. 虫歯の進行別痛み・治療法

このページで虫歯の進行度に応じた虫歯の痛みと治療方法について説明します。

1-1.【C0】エナメル質表面がわずかに脱灰している状態

C0写真
COイメージ

C0痛みはない
痛みは無い

脱灰している部分を毎日欠かさず丁寧に歯磨きできていればこれ以上進行しない虫歯です。
積極的な治療はせずに、経過観察を続けます。これを放置するとさらに脱灰(虫歯菌が歯を溶かす事)が進行してC1の状態になる。

進行度【C0】の虫歯に対する治療法

C0のイメージ

積極的な治療はしません。
正しい歯磨き法を習得して頂き、毎日きちんと歯磨きして頂きます。また、甘いものを頻繁に取らないように気を付けてください。
甘いものを食べたい場合は代用甘味料(キシリトールなど)の入ったものがお勧めです。

【C0ポイント】
C0の段階で食い止められるかどうかは、まず歯を増幅させてしまう生活、食事習慣を見直し、そ
れをしっかり継続して続けられるかどうかにかかっています。

目次へ

1-2.【C1】エナメル質内部まで溶けた状態

C1写真
C1イメージ

C1痛みはない
痛みは無い

虫歯菌、虫歯の酸がエナメル質内に限局している虫歯です。
表面に穴が空いている場合はレジン充填という治療をします。
痛みが無いからと言って放置するとあっという間に深い虫歯となってしまいます。
まだ穴が空いていない状態であれば毎日の正しい歯磨きで虫歯の進行を食い止める事が可能です。

痛みが無いとはいえ、いつ穴があいてもおかしくない要注意な状態です。

進行度【C1】の虫歯に対する治療法
C1のイメージ

一般的には白い樹脂の詰め物(レジン)で治療します。
(C1はごく軽度であればC0と同様に経過観察をすることもあります。)


C1治療工程

【C1ポイント】
これはまだ小さな虫歯があり、その虫歯部分を削るだけで治療することができます。ただし穴が開いてし
まえば、そこから一気に菌に深く侵入していきますから、油断せずに丁寧な歯磨きを心がけましょう。

目次へ

1-3.【C2】象牙質に達した虫歯

C2写真
C2イメージ

C2冷たいもので痛みを感じる
冷たいもので痛みを感じる。

虫歯治療が必要な状態
虫歯の深さによっては熱いものでも痛みや違和感を感じるようになります。何等かの治療しないといけない状態です。

進行度【C2】の虫歯に対する治療法

象牙質まで達している虫歯です。
虫歯を取って白い樹脂(レジン)もしくは銀の詰め物(メタルインレー)やセラミックの詰め物(セラミックインレー)を詰めて治療します。


C2治療工程1日目

1回目はここまでです。

C2治療工程2日目

【C2ポイント】
ちょっと冷たいものが沁みた時点で治療を開始出来れば素晴らしいです。虫歯は早いうちに治療す
れば、それだけ早く改善されるのです。ここで治療に向けて行動出来るかがカギとなります。

目次へ

1-4.【C3】歯の神経(歯髄)まで達した虫歯

C3写真C3イメージ

C3神経が生きているうちはずきずき強く痛む状態
神経が生きているうちはずきずき強く痛む状態。ゆっくり虫歯が進行した場合などまれに痛みを感じないこともある。虫歯治療と根の治療が必要な状態

強い痛みがあるのでほとんどの方は歯科医院に駆け込む様な状態です。痛みの原因である虫歯を取って、神経を抜きます。
神経を抜くと痛みが徐々に治まってきます。
神経の入っていた管をきれいに清掃して、防腐剤を詰めます。
その後はクラウンという被せものをして治療終了です。

C3根元イメージ

強い痛みがあっても
歯医者さんに行けなかった場合

歯の神経が知らぬ間に死んでしまいます。
歯の神経が死ぬと痛みは無くなりますが、虫歯が治ったわけではありません。神経の穴に細菌がどんどん入り込み根の深くまで達してしまいます。根の先が膿んで、骨を溶かしてしまうことも多々あります。
この場合は根の治療(根を消毒して細菌を極力減らす治療)が必要となる。根の治療の後は土台を入れたりして歯をかぶせることが可能。

進行度【C3】の虫歯に対する治療法
C3のイメージ

神経まで達した虫歯です。
神経が生きている場合は神経を取って防腐剤を詰める治療をします。

神経が死んでしまっている場合は神経の入っている管をきれいに清掃、洗浄して防腐剤を詰めて治療します。
C3の場合は虫歯の大きさによって、レジンを詰めたり、インレー、クラウン(銀歯やセラミックの被せもの)で治療します。

(虫歯が大きければ土台を入れたりする場合もあります。)


C3治療工程1日目

1回目はここまでです。

C3治療工程2日目 C2治療工程3日目 C2治療工程4日目

当院のセラミックは自然の歯と同じ色なので治療した箇所が目立ちません。

【C3ポイント】
治療回数は3~4回です。虫歯神経に到達し菌の侵入を拒む体の免疫の反応によって炎症が起き
ています。そのため歯の根の部分の治療となる「根管治療」が必要です。痛みがあり、やっとここ
で多くの方が受診するようになりますが、虫歯を放置したつもりはない方も中にはいます。放置した
のではなく、ここまで気づけなかったという場合、1本の歯だけに留まらず他の歯も虫歯の危険に晒
されている可能性が高いです。

目次へ

1-5.【C4】歯が崩壊して、根だけの状態

C4写真C4イメージ

C3痛みはもう感じません
痛みはもう感じません。ただ、体の免疫力が下がると急に腫れて著しい痛みが出ます。

根の先に出来ている病巣には細菌が巣くっている状態です。
体の免疫力が落ちると病巣が急性化して急激に腫れて強い痛みが出ます。 歯茎に溜まった膿を切開して取ったりといった外科的な処置が必要になる事もあります。
また、常に周りの骨を溶かしているので放置し続ければ根を支えている骨(歯槽骨)が無くなり自然に根が抜けてしまいます。

C4根元イメージ

虫歯治療と根の治療が必要な状態

ひどい場合は抜歯です。
根が残せる場合は、根の治療をし、土台を入れて歯をかぶせる事が可能です。

進行度【C4】の虫歯に対する治療法
C4のイメージ

歯がほとんど崩壊した状態です。
ひどい場合は抜歯です。
根が残せれば、土台を入れてかぶせものをする事が可能です。


C4治療工程1日目 C4治療工程2日目

【C4ポイント】
抜歯か、または根を治療してから歯を被せるかの選択となり治療についても5~6回程度とC3に比べ、
多少ですが増えてしまいます。

目次へ

2. まとめ

このように虫歯は段階を踏んで確実に歯を蝕んでいきます。特に「あったはずの痛みが消えた」ときには要注意。痛みさえ感じられないレベルにまで達してしまったと考えてください。またもちろん早期治
療が一番ですが、酷い状態となってしまっても治療は十分に可能です。
厚生労働者が1987年から行っている歯科疾患実態調査の統計データでは、日本の虫歯人口の割合は
緩やかな減少傾向にあるとされています。しかし年代的にみてみると2011年時点では、中高年の80%
超が虫歯の問題を抱えています。
非常に多くの人が虫歯に苦しんでいるのが分かりますね。そしてそれを解決するために虫歯の治療技術も日々進歩しているのです。治らない虫歯などがありませんから、これからしっかりと治療に専念していきましょう。

目次へ

モニター大募集

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸先生

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

症例写真

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中