サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

虫歯で穴が開いてしまった場合の治療方法
について

こちらは虫歯で歯に穴が開いてしまった場合の治療方法についてのページです。


虫歯が進行して歯に穴が開いてしまった場合はその大きさや、神経まで達しているかどうかでいくつかの治療方法があります。ごく小さいものであれば、患部を取って、白い樹脂(レジン)のつめ物をします。1回で改善します。小さな穴でも奥の方は広がっている場合が多いので、要注意です。「まだ痛みも無いし大丈夫。」と思わずに、穴があいた部分があったらすぐに治療しましょう。

神経に達していない達している比較

小さい場合

虫歯の穴があっても中で広がっていない小さな場合はレジン充填という方法で処置します。

1、黒くなって少し穴になっています。
症状
2、局所麻酔をして虫歯を取ります。
症状
3、歯と同じような色のレジンという樹脂を詰めます。

レジン充填は1回で終わります。
症状

神経に達していなければ(中等度)

虫歯を取って、詰め物やかぶせものをして処置します。

1回目

1日目はここまでです。


2回目

神経に達していれば

神経まで達した状態です。神経が生きている場合は神経を取って防腐剤を詰める処置をします。 神経が死んでしまっている場合は神経の入っている管をきれいに清掃、洗浄して防腐剤を詰めて処置します。C3の場合は大きさによって、レジンを詰めたり、インレー、クラウン(銀歯やセラミックの被せもの)で処置します。(大きければ土台を入れたりする場合もあります。)

1回目

1日目はここまでです。


2回目~4回目

当院のセラミックは自然の歯と同じ色なので処置した箇所が目立ちません。

保険診療の場合は銀歯になります。

神経に達した虫歯の痛み

痛みのイメージ

穴が開いてしまったら通常は食事の際などに痛みを感じます。神経までの穴があいていればズキズキと痛むはずです。まれに痛みを感じずにいつの間にか神経が死んで痛みが無いままに進行してしまう方もいらっしゃいます。穴が開いていても痛くないから大丈夫だろうと放置しないですぐに歯科医院を受診しましょう。

モニター大募集

症例写真

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中