サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

神経を抜かなければいけない虫歯の進行度
と治療方法について

こちらは虫歯治療の神経を抜かなければいけない虫歯の進行度と治療方法についてのページです。 虫歯の症状に関する情報をお探しの方はこちらからどうぞ。

神経を抜かなければいけない虫歯の進行度と治療方法

神経を抜かなければいけない虫歯のイメージ

虫歯で出来た穴が神経に達している場合はもちろんですが、虫歯自体が神経に達していなくても虫歯の出す酸(毒素)が神経まで達していれば神経を抜かなくてはいけません。

神経が死んでいる場合は死んだ神経を取って、神経の入っていた穴(歯髄腔)を洗浄し、殺菌剤を詰めてばい菌を可能な限り少なくして防腐剤を詰めます。

虫歯で神経を抜かなくてはいけない場合はいくつかあります。

1. 強くずきずき痛む場合

強くずきずき痛む場合 虫歯が進行して、神経に達すると神経は炎症を起こして強い痛みを感じます。
虫歯が神経まで達している場合は神経を抜かなくてはいけません。

2. 痛みはないが、虫歯を取ってみたら神経まで達している場合

痛みはないが、虫歯を取ってみたら神経まで達している場合 虫歯の穴が小さくても中で広がっている場合がよくあります。

痛みはないが、虫歯を取ってみたら神経まで達している場合 このような場合、虫歯を取っていくと神経が出てしまう事があります。(仮性露髄)
痛みを感じなかったとしても、中で虫歯が広がっている場合は神経を抜かなくてはいけません。

3. 歯の神経が死んでしまっている場合

歯の神経が死んでしまっている場合 痛みがなくてもいつの間にか神経が死んでしまっている事があります。
それは過去の虫歯治療の影響で死んでしまっている場合や、虫歯がゆっくりと進行し痛みを感じることなく神経が死んでしまっている場合があります。

いずれの場合も痛くはありませんが、神経を取って、根を消毒しなくてはいけません。

神経を抜く治療方法

神経に達した治療工程1回目

局所麻酔をします。
その後、虫歯を削り取り、神経を取ります。
神経は細いやすりのような器具(リーマーやファイル)にて除去します。
その日は神経の入っていた管(歯髄腔)に消毒薬を詰めます。
虫歯の穴の部分には仮詰めもしくは仮歯を入れます。

神経に達した治療工程2回目

神経の入っていた管(歯髄腔)がきれいになったら防腐剤を詰めます。

神経に達した治療工程3回目

歯型を取って詰め物やかぶせ物を作ります。
虫歯が大きい場合で神経を取る場合はかぶせ物(クラウン)での治療になることが多いです。前歯などで虫歯の穴が小さい場合は、詰め物(レジン充填)で治療することもあります。

神経に達した治療工程4回目

インレーやクラウンを歯に接着して治療終了です。

抜髄治療動画

抜髄(神経の除去)治療と内歯瘻の治療を行っている動画です。

虫歯治療動画

当院では1回目の治療時に仮歯を入れますので、虫歯の変色や欠けた部分がすぐなくなります。

神経を抜いた歯は虫歯になっても痛みを感じませんので、虫歯の発見が遅れがちです。
神経を抜いて治療している部分も正しい歯磨きを心掛け、虫歯予防を強化する必要があります。

また、神経を抜いたまま放置すると、歯が変色してしまったり、神経を取った部分にばい菌が入り込み、根の先に病巣を作ってしまうことも多々あります。

虫歯で歯の神経を抜いた歯は治療完了まできちんと通院する事が大切です。

モニター大募集

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

症例写真

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中