サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

親知らずの虫歯に対する治療方法について

こちらは虫歯治療の親知らずの虫歯に対する治療方法についての解説ページです。虫歯の症状に関する情報をお探しの方はこちらからどうぞ。

初期の親知らずの虫歯の場合

親知らずがまっすぐ普通に生えている場合、小さな虫歯であれば治療可能です。
虫歯を取って、その部分に光で固めるレジンという樹脂を詰めて治療します。
レジン充填法と言います。
初期でも親知らずが横や斜めに生えていて、虫歯を取る事が物理的に不可能な場合は初期の虫歯であっても今後虫歯が進んでしまうだけですので抜歯した方が賢明です。

虫歯が進行して、しみたり痛みが出ている場合

親知らずの虫歯が神経に達する程進行している場合、神経近くまで進行している場合は抜歯の適応となります。

親知らずは正常に生えていて、きれいに清掃出来ていれば抜歯する必要がありません。ただ、現代人の顎は小さくなっていますので、親知らずが正常に生える事が出来るスペースが無く、親知らずが真横に向いていたり、斜めになっているために正常に生える事が出来ない事の方が多いです。
その様な場合、親知らずが少し歯茎から見えてきても歯ブラシが届かず、歯茎が腫れたり、虫歯になってしまう事が多々あります。
また、親知らずの虫歯が進んでしまうと口臭の原因ともなってしまいます。ですから、トラブルになる前に親知らずは抜歯しておくのが良いでしょう。

痛身を抑えた親知らずの抜歯

親知らずが半分骨に埋まった状態の抜歯をする場合は、歯肉を切開し、歯にかぶっている骨を削らないと抜歯できません。その様な抜歯の際は、患者様は恐怖心で一杯ですし、抜歯の際の音や振動がとてもストレスになります。骨が固かったり困難な抜歯の場合は多少時間がかかる事もあります。
ここまで聞くと、やはり親知らず抜歯は怖くて避けたくなりますよね。
当院では熟睡状態のうちに親知らず抜歯をする事ができます。
熟睡状態になるお薬を点滴して眠っている間にすべて終了しますので、うとうとして起きたら抜歯が完了しています。抜歯の前の局所麻酔の前から眠っていますので痛みも、振動も、音もほとんど感じません。

モニター大募集

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

症例写真

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中