サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

銀歯の下が虫歯になったらどうするのか?

こちらは銀歯の下が虫歯になったらどうするのか?のページです。 虫歯の症状に関する情報をお探しの方はこちらからどうぞ。

銀歯の下の虫歯イメージ

銀歯が歯とぴったり合ってなかったり、粗悪なセメントがつけられている場合は銀歯の中に虫歯菌が入り込みます。
そうするともう歯磨きで除去できませんので虫歯菌の独壇場。


銀歯がとれて中の歯がとけているイメージ

なんか隙間が出来た気がするな・・・
と気づいたときにはもうすでに虫歯が進んでしまっていることも少なくありません。

最悪な場合はある日突然銀歯がとれて、中の歯が溶けてしまっている、という事になってしまいます。


デンタルフロスがほつれるイメージ

デンタルフロスをすると引っかかったり、デンタルフロスがほつれるような場合は歯と銀歯がぴったり合っていない状態の場合が多いです。

爪で触ってみて段差を感じる場合も銀歯と歯があっていません。


歯と銀歯の隙間に虫歯菌が入り込んだイメージ

また、セメントについてです。
口の中は常に唾液で満たされています。
粗悪なセメントは時間の経過とともに唾液に溶けだしてしまうのでいつの間にか歯と銀歯の間に微細な隙間が出来て、その中に虫歯菌が入り込み、銀歯の中で虫歯が広がってしまいます。

これらの問題は歯科治療に原因がある場合が多いので、ぴったり合った歯を入れてもらう事と、唾液に溶けださない接着剤で銀歯を付けてもらう必要があります。
もちろん正しい歯磨きも欠かせません。


セラミックの歯のイメージ

ザ・ホワイトデンタルクリニックでは見た目が良くないため、基本的には銀歯は扱っていません。
当院は銀歯ではなくセラミックの歯で治療します。


シリコンで歯型をとるイメージ

このセラミック歯を作る際にはまず変形しないシリコンという材質で精密に歯型を取ります。その歯形を元に歯にぴったり合ったセラミックの歯を作ります。
セラミックの歯は唾液に溶けださない樹脂製の接着剤で接着します。

シリコン製の歯型材や樹脂製の接着剤は高価ですので、保険診療では扱っておりません。


モニター大募集

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸先生

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

症例写真

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中