サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

八重歯の歯並びが悪い方と矯正方法

過程

写真

そもそもなぜ八重歯(犬歯、3番目の前歯)
になるのかというと、他の歯よりも
後に生えてくるためです。犬歯が生えてくる場所に
スペースが無ければ外側に生えるしかありません。
犬歯が外側に生えてしまった状態を言います。
犬歯が正しい位置に生えていれば八重歯とは言いません。

唇がうまく閉じなかったり、
唇の形がゆがんでしまいます。また、唇の内側を
傷つけやすいので口内炎になりやすくなります。
また外側に出るだけではなく、
両隣の歯との重なりがある事が多いですので、
重なった部分が虫歯、歯周病になりやすくなっています。
八重歯はその歯だけではなく他の歯にも悪影響を及ぼします。
見た目も悪く、海外ではドラキュラを
イメージするため嫌われます。
実際に当院で八重歯の歯並び治療を行った方の
症例写真を元に治療方法をご説明致します。


矯正方法1

この症例写真は見てわかる様に著しく前方に突出しています。
また、乳歯も残っていました。両側の八重歯と残っている乳歯は抜歯をして
セラミック法で矯正を行いました。

処置イメージ


矯正方法2

向かって左側の八重歯はかなり上の方から生えていますので抜歯をしました。
抜歯をした後、両隣の歯に隙間がありましたので
その2本にセラミックの歯を被せて隙間を無くしました。

処置イメージ


矯正方法3

この症例写真は全体的な歯並び矯正です。
左の八重歯は抜歯しました。初回の治療時に抜いて
仮歯を入れますので、すぐに歯並びがきれいに整います。

処置イメージ


矯正方法4

写真向かって左上の八重歯を抜歯しています。抜いた歯の両隣の歯にセラミックを被せて歯並びを整えました。1回目の治療時に仮歯を入れますのですぐに見た目が改善されます。全体的にホワイトニングしていますので、歯の色も白くなりました。

処置イメージ


矯正方法5

この方は受け口の方です。上の前歯がかなり引っ込んでいますので、その影響で八重歯になってしまっています。受け口も治療するので上下12本のセラミック法での治療を行いました。治療後のお口元の写真を見ると、まるで別人のようになりました。

処置イメージ


矯正方法6

この方は上下の歯が八重歯になっています。この歯は抜かずに治療しています。
下の犬歯が八重歯になっている方もいらっしゃいます。この方は抜歯していませんがかなり外側から生えていたりする場合は抜歯する事もあります。

処置イメージ

永山

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

歯並びの症例写真

ザ・ホワイトデンタルクリニックで歯並び治療を実際に受けられた患者様の症例をご紹介します。

  • dentition
  • dentition
  • dentition
  • dentition
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中