サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

少回数ですむ悪い歯並び治療写真

★前から2番目の歯が内側に入り込んで前歯が重なっている状態


症例紹介1

当院に来院される方で一番多い歯並びがこの様な方です。
前から2番目の歯が内側に入り込んでいる状態です。

写真1

この方のような悪い歯並びの場合の矯正方法は、
2番目の歯が下の歯よりも奥に入り込んでいるので2番目の歯は両側とも抜歯して治療します。
また、この症例は全体的な歯の黄ばみも改善したいという事でしたので、
セラミッククラウン法での治療と同時にホワイトニングをしました。


症例紹介2

向かって右側の2番目の歯が下の歯よりも奥に入り込んでいます。
この2番目の歯は抜歯をして両隣の歯とブリッジという形で歯並びを治療しています。

写真2


症例紹介3

2番目の前歯が下の歯よりも奥に引っ込んでいて、
両隣の歯と重なっていますので上の歯6本での歯並び治療を行いました。
奥に入っている2番目の歯は抜歯をしてセラミックのブリッジを被せて治療しています。

写真3


症例紹介4

この2番目の歯は引っ込んでいますが下の歯よりは前にありますので、抜歯はしていません。
ただ、両隣の歯との重なりがありますので前歯6本を歯並び治療しました。

写真4


★前歯2本が外側に捻じれて出ている方も少なくありません。


症例紹介5

上下の前歯がかなりがたがたしている方の写真です。
特に前歯2本が出て外側に捻じれてしまって隣の歯に重なっています。
1回目の治療時に上下とも歯並びをきれいにした仮歯を入れますので、
その時点で歯の捻じれや重なりがなくなります。この症例の場合、抜歯はしていません。

写真5


症例紹介6

この方は前歯2本が前に出て、外側に開いています。
また、前歯2本が大きく目立っています。
最終的に被せるセラミックはなるべく内側に入れ込んで、歯を小さくしています。
歯の色が全体的に黄ばんでいますので白い歯にしたいという希望がありましたので、
現状よりも白いセラミックになっています。
本来はこの治療時にホワイトニングしておくのが理想ですが
時間的な制限があり、今回はホワイトニング出来ませんでした。
将来的にホワイトニングをしたいという事でした。

写真6


症例紹介7

この方は前歯2本が長く外に広がっています。
前歯2本は外に広がって、隣の歯に重なってしまっているので、
前歯4本の歯並び治療が必要です。最終的に歯を小さくして、
内側に入れ込んだセラミックの歯を被せて治療しました。

写真7


症例紹介8

全体的な歯のずれや傾きが大きい方ですと
部分的なワイヤー矯正とセラミック法の併用で治療しなくてはいけません。
この歯並び治療の場合は歯の先天欠損や歯周病でぐらぐらになった歯(下の前歯)もありました。
ぐらぐらの歯は抜歯しました。歯の隙間はセラミックのブリッジをかぶせる事で治療しています。
前歯を全体的に白くしたいという希望がありましたので、白めのセラミックを被せています。

写真8

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

歯並び治療の症例写真

ザ・ホワイトデンタルクリニックで歯並び治療を実際に受けられた患者様の症例写真をご紹介します。

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中