サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

抜歯して歯並びを治療するデメリット

デメリットはほぼありません

結論からいうとデメリットはほぼありません。

歯並びはなぜ悪くなるかというと、
全部の歯の幅を合計した長さと歯が並んでいるアーチの長さが不調和だからです。
(アーチ レングス ディスクレパンシー"arch length discrepancy"と言います。)

アーチレングスディスクレパンシー


抜歯をした方が綺麗になる事が多々あります

抜歯して治療するデメリット

歯が並んでいるアーチの長さを変える事は出来ませんので、
必然的に歯の幅を合計した長さを減らす必要があります。
そのために抜歯をして歯を減らす事で
歯並びが悪くなっている部分の歯を
きれいに並べるスペースを作る必要があるのです。

歯並びをきれいにするために
抜歯をした方がきれいになる事が多々あります。
歯を抜くのは小臼歯が一般的です。
また、あまりに上の方や内側に生えている歯などを
抜歯する事もあります。

抜歯をしないで歯を並べようとすると
無理やり顎のアーチを広げたりする必要がありますので、
歯並びはきれいだけれど口元が出て、
サル顔の様になってしまう可能性が高いです。
治療をする際に抜歯をするデメリットは
ほぼありませんが、抜歯をしない方が
デメリットになる場面の方が多いと考えられます。

歯並びの症例写真

ザ・ホワイトデンタルクリニックで歯並び治療を実際に受けられた患者様の症例をご紹介します。

  • dentition
  • dentition
  • dentition
  • dentition
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中