サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

差し歯での歯並び矯正方法

差し歯とは

差し歯とはクラウンと呼ばれており、歯並びや虫歯の治療で
自然歯を削った場合に、セラミックなどの素材の差し歯を被せて治療する際に使用します。
差し歯の材質にも様々な種類と特徴があり、患者様のお悩みやご要望に合わせて
材質を選択するのが一般的なクリニックで行われている差し歯による治療法です。

差し歯を使った治療例

当院の歯並び治療は、セラミッククラウン法と呼ばれる
セラミック素材の差し歯(クラウン)を装着することで悪い歯並びの部分を治療する方法です。
このセラミッククラウン法はワイヤーなどの矯正器具を一切装着することなく治療が可能なため、
治療過程で歯並び治療していることがわかりにくくなります。
さらに初回の治療時に元の歯を削って仮の差し歯を装着しますので
1回目の治療から歯並びが整います。
この仮の差し歯は、セラミッククラウンの歯が完成するまで生活して頂きますが、
粘度の強いガムやお餅などを噛まない限り、抜けたりすることはありません。


矯正治療中に目立ってしまうのではないかと気にするあまり、歯並び治療を断念される方が
多くいらっしゃいますが、セラミッククラウン法であれば、
こうしたお悩みを持つことなく治療が行えるメリットがあります。

治療の流れ

写真の方のように口を開くだけで歯並びの悪さが目立ってしまっていた方でも、
治療1回目で歯並びが改善され、治療後のセラミックの差し歯が入った状態では、
別人のようにきれいな歯並びとなっております。


このようにセラミックの差し歯を使用する当院のセラミッククラウン法は、
歯並びを矯正するために必要な治療回数を少なくすることができ、
短期間で歯並びを治療したいという方にお勧めの歯並び矯正方法です。
更に詳しい歯並び矯正の治療に関する情報はこちら>>

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸先生

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

歯並び治療の症例写真

ザ・ホワイトデンタルクリニックで歯並び治療を実際に受けられた患者様の症例写真をご紹介します。

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中