サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

ブリッジの費用について

ブリッジの費用は歯の本数に応じて決まります。欠損している歯が多ければ多いほど、比例して費用が高くなる傾向があります。また、治療に対して保険適用か、自費診療の場合においても大きく費用がことなります。保険適用の場合は、欠損している歯をブリッジにする費用に加え、初診料やレントゲン検査代、型取り代など治療に関する費用があります。こちらのページでは、保険適用と自費診療における費用と診療内容の違いをご紹介します。

保険の場合

保険の場合

例えば前歯3本(歯が1本欠損)の場合およそ2万円ですが・・・・保険診療の場合は1つのブリッジが完成するまでに初診料、再診料、虫歯治療費、根の治療費、レントゲン検査代、歯周病検査代、衛生指導料、土台代、型取り代、ブリッジ調整代、補綴物維持管理料など様々な別途料金がかかります。
土台とする歯の状態によっては治療費や治療期間がかかるでしょう。

自費診療(当院)の場合

自費診療(当院)の場合

白いセラミックのブリッジ前歯3本で8万円×3本で24万円(税別価格)です。
仮歯代が3本で9千円(税別価格)かかります。
当院は虫歯治療代や調整料、再診料は頂いておりません。

当院はセラミックブリッジのみ取り扱っております。

当院はセラミックブリッジのみ取り扱っております。

セラミックは表面がとても滑沢(つるつる)なので、保険の銀歯、プラスチックのブリッジとは違い、歯垢が付きにくい、ほとんど変色しないというメリットがあります。
また、保険診療とは違い、より精密に型取りして作りますので歯とブリッジの間に隙間が空くような事はありません。

金属アレルギーの方でもオールセラミックブリッジでしたら金属が使用されていません。

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中