サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

進行度別、前歯の虫歯治療法

進行度別、前歯の虫歯治療法のページです。 虫歯の症状に関する情報をお探しの方はこちらからどうぞ。

小さい虫歯の場合

前歯の虫歯はC1,C2程度の小さい虫歯であればレジン充填という方法で治療します。

before_after

治療工程

レジンというのは歯と同じ様な色の樹脂です。レジン充填法は1回の治療で完了します。
レジンは経年変化で変色、着色しますので気になってきたら詰め直す必要があります。

大きな虫歯の場合

虫歯で大きく欠けたり、穴が開いてしまった場合は被せ物をする治療が必要です。
虫歯が大きくて神経まで達していれば神経を取ったり、神経が死んでしまっている状態の場合は根をきれいに清掃する治療が必要です。(根幹治療)

治療工程

前歯は虫歯で黒ずんだり、欠けてしまうと見た目に支障が出ます。

当院は1回目の治療時に虫歯を取り、神経治療を行い、仮歯を入れます。
下の写真の様に1回目の治療時にある程度見た目が回復しますので、最終的な被せ物が入るまで仮歯が入った状態です。

前歯で虫歯になりやすい部分

前歯で虫歯になりやすい部分のイメージ

隣接面や歯頚部に出来た小さ目の虫歯はレジン充填で治療可能ですが、大きくなるとクラウンという被せものでの治療が必要になります。

前歯が抜歯になってしまった場合の治療方法

虫歯が酷くて前歯が抜歯になってしまう場合やすでに歯が無い状態でも1回目の治療時に仮歯が入りますので、治療期間中でもきれいな状態です。
抜歯後歯肉が安定したらセラミックの被せものをして治療完了です。

before_after

before_after


土台のイメージ

前歯は保険診療でも白い歯を入れられますが樹脂製なので透明感が劣っています。
また、すぐに変色してしまいます。
歯茎に接する部分が金属ですので、歯茎が下がって来ると歯茎が黒く見えてしまいます。


セラミック歯のイメージ

当院の被せものはセラミック製なので変色しませんし、歯茎に接する部分はセラミックなので歯茎が変色することもありません。

また、歯に近い透明感ですので見た目がとてもきれいです。

モニター大募集

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

症例写真

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中