サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

遺伝による歯並びや噛み合わせの影響とは

歯並びは顎の形と歯の大きさで決まりますので、
両親や先祖の方が持つ遺伝子の歯並びや噛み合わせはそのまま遺伝します。
特徴的な家系としてオーストリアのハプスブルク家は代々受け口で顎が長い家系として有名です。

オーストリアのハプスブルク

ハプスブルク家は、政治的理由から身内による政略結婚を繰り返した結果、
受け口で顎が長い遺伝子を代々受け継いだために一族に同様の歯並びやかみ合わせの症状が
続いたと言われています。このように、歯並びや噛み合わせは遺伝が影響しますので、
親、祖父母などが歯並びや噛み合わせが悪い場合は
お子さんの頃から治療を行なうことをおすすめいたします。

遺伝による歯並びや噛み合わせの治療

治療内容としては、お子さんの歯が乳歯から永久歯に生え変わるころから矯正歯科に行き、
歯並びや噛み合わせが悪くなってしまわない様に歯の生え方を誘導したりして
歯並びが悪くならない様に予防を行います。
もし遺伝によって顎が長くなってしまったりする場合は身長の成長が止まった時点で
顎を短くする手術(下顎中抜き手術)をする事をお勧め致します。

顎中抜き手術による輪郭治療の症例写真

悪い生活習慣が歯並びや噛み合わせに与える影響

2~3ヵ月

指しゃぶり

乳幼児期~幼児期に指しゃぶりを継続すると骨格が変形して上顎が出てしまいます。また、歯が生え変わりの時期まで指しゃぶりを続けると、歯がどんどん前方に傾いてしまい、重度の出っ歯になってしまいます。

口呼吸

2~3ヵ月

ぽかんと口を開いて、口で呼吸をする習慣があると、唇の筋肉が弱くなり、下顎が奥に引っ込み、上顎が出て出っ歯の顔貌になります。
口呼吸は歯並びだけでなく、全身に悪影響を及ぼしますので治療するべき悪習慣です。

頬杖

頬杖を突く癖があると、顎関節に負担がかかり、顎関節症の原因になります。
成長期に頬杖を突く癖があると、左右の顎の成長に差が出てしまい
アンバランスな噛み合わせとなってしまいます。

2~3ヵ月

舌癖

舌の癖 舌を前に突き出す癖があると、上下の歯の間に隙間が出来て上下の歯が噛まなくなります。また、舌の力で歯が開いてすきっ歯になってしまいます。

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

歯並び治療の症例写真

ザ・ホワイトデンタルクリニックで歯並び治療を実際に受けられた患者様の症例写真をご紹介します。

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中