サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

平均寿命について

寿命はお手入れ次第

入れ歯の寿命は、ご自身の歯や顎骨の状態によりますし、将来的にご自身の歯や顎骨がどの様に変化していくかによって決まります。

部分入れ歯の場合

留め金を引っ掛けている歯を適切に磨いていないと、虫歯や歯周病になってしまいます。虫歯で被せ物や詰物の治療をすれば留め金が合わなくなりますので、その時点で作り直さなくてはいけません。
歯周病の場合も同様です。入れ歯を引っ掛けている歯が抜けた場合は新しく作る必要があります。

部分

合わないまま使用していると、強く当たる部分の顎の骨が吸収して、不安定になってしまします。
部分入れ歯を安定的に長期間使用するためには、引っ掛けている歯を虫歯、歯周病にしない様に毎日正しく歯磨きする事が重要です。
留め金があるので歯垢が付きやすいですから、歯磨きはより丁寧に行わなくてはいけません。もし歯磨きの仕方がわからない場合は歯科医院で歯磨き指導を受ける必要があります。入れ歯の作りだけでなく、歯の磨き方によって平均寿命は異なります。

総入れ歯の場合

歯茎が痩せて、緩くなっても裏側の歯肉部分(ピンク色の樹脂)を足せるので、歯が著しくすり減ったりしない限り長期間使える事がほとんどです。
ただ、これはご自身の歯茎がぴったりフィットしていて、噛み合わせも良好な場合に限ります。
上だけ、下だけ総入れ歯で噛みあう相手方の歯に変化があった場合も作り直す事があります。

総

◆症例写真をチェック!

falseteeth

入れ歯でお悩みの患者様です。下の奥歯をスマイルデンチャーにする入れ歯治療の症例写真をご紹介します。

詳細はこちら

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中