サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

歯科医師がすすめる入れ歯安定剤

基本的には安定剤を使わなくても、痛くなく、ぴったりと合った入れ歯を使うのが好ましいです。
唾液の作用で吸盤の様に顎に吸着して安定するのが理想です。
不安定になってしまった場合は歯科医院を受診して調整してもらうようにして下さい。ただ、なかなか歯科医院に行く事が出来ない場合は安定剤を使用してください。入れ歯安定剤は色々なタイプがあります。

  特徴 注意点
クッションタイプ 入れ歯と歯茎の間にとどまり、歯肉に食い込むのを軽減してくれる。唾液に溶けないので毎日交換しなくても良い。
均一に伸ばさないと、一部分だけ強く当たって顎骨吸収をする事があるうえ、さらに不安定になってしまう。
クリームタイプ 粘着力がある。柔らかいのでクリームタイプの様に厚みのむらが出来にくい。唾液に溶ける。 ネバネバして歯にくっつくので、虫歯、歯周病の原因になる。入れ歯を外したら歯に安定剤が付いた状態にしておかないのが重要。歯磨きが大変。
粉末タイプ 唾液で均等に広がり、除去もしやすい。 唾液が少ない方には不向き。
シートタイプ クリームタイプや粉末タイプと同じ様な使用感。 均等に広がらないので余計に不安定になる事がある。

どの安定剤も歯科医院に行けない場合の応急的な対処と解釈してください。

合わない入れ歯を使い続けていると、顎の骨がでこぼこに吸収してより痛く、不安定になります。
当院では安定剤が無くても歯肉にぴったりとフィットして吸着性の良いものを製作しています。使用感の良いものを作るためにはその方に合った歯型トレー(個人トレー)を用いて、顎堤周囲の頬、唇、舌の動きまで考慮した歯型取りを行います。
歯型を採る材料はシリコンの変形のより少ない材料を使います。
安定させるためには噛み合わせも非常に重要です。
どんなにぴったり歯肉に合っていても、噛み合わせが不安定であれば、外れやすくなったり、歯茎に食い込んで痛みを伴います。

どんなに歯茎にぴったりしていても、噛み合わせが良くても顎の骨が無いと限界はあります。この様な場合はインプラントで固定するタイプがお勧めです。

◆症例写真をチェック!

入れ歯でお悩みの患者様です。下の奥歯をスマイルデンチャーにする入れ歯治療の症例写真をご紹介します。

症例写真はこちら

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中