サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

部分床義歯とは

こちらは「部分床義歯とは」 のページです。


歯が1本でも残っている場合の入れ歯

ご自身の歯が1本でも残っている場合の入れ歯です。
保険診療の場合は留め金が金属のレジン床義歯です。
留め金を見える部分に引っ掛ける部分入れ歯の場合は留め金が見えて、装着している事がわかってしまいます。
最近ではスマイルデンチャー(ノンクラスプデンチャー)という金属の留め金を用いない審美的なものも普及してきました。
スマイルデンチャーは歯に引っ掛ける部分が歯肉の色と同じ様な色なので、入れ歯しているとわかりません。

一般的スマイルデンチャー

お手入れ 部分床義歯はご自身の歯に留め金を引っ掛けますので、ご自身の歯に歯垢が付きやすくなります。ですから外したらより丁寧に歯磨きしませんと、支えにしている歯が虫歯、歯周病になってしまいます。
また、部分床義歯の留め金周囲にも歯垢が付きますので、入れ歯自体も丁寧に清掃する必要があります。

引っ掛けている歯が虫歯になって、詰め物や被せ物をしたり、抜歯になったりしたら新しく作り直さなくてはいけません。

そうなってしまわないように、清掃と歯磨きは正しく行わなくてはいけません。

入れ歯をかける歯が抜けたら、新しく作り替えます

もっと詳しい情報

ひとつ上へ戻る

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中