サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

出っ歯の治療法

ご状態に応じて治療法がいくつかございます。こちらでは3つの例をご紹介します。


1.セラミック法

出ている歯の表面を削って、内側に入れ込んだセラミックの歯の上に被せて治療する方法です。少回数で目立たず治したい方にお勧めな方法です。セラミック法は後戻りする事はありません。詳しくはこちらをご覧ください。

セラミック法による出っ歯の治療法

  • まずは見た目の改善から。
    治療1回目で出ている歯を全て削り仮歯を入れます。来院されたその日から整った歯並びになります。
  • 歯型を取ります。
    歯型は技工室に送られ技工士が1つずつ丁寧に製作します。歯の長さや色味などご要望を伺いながらデザインします。
  • セラミックの歯をかぶせて完了。
    セラミックは歯の色に近い仕上がりになります。陶器なので金属アレルギーなどの心配がない、人体にやさしい素材です。

※歯並びが著しく悪い方の場合や、治療回数が増える場合、異なる方法をご提案する場合があります。詳しくはカウンセリングの際にお尋ねください。


2.ワイヤー矯正

出ている歯を内側へ入れ込むために、前から4番目の歯を抜歯して、空いたスペースを利用して出っ歯を徐々に引っ込めていくワイヤーを使った治療です。2年程度の期間をかけて歯を移動させ、ワイヤーを取った後に歯の後戻りを防止する保定装置を装着します。


3.骨格的な出っ歯の治療法

骨ごと前に出ているために歯も出てしまっている場合は歯の位置をなおすだけではなく、骨ごと内側に入れ込む手術(上顎骨切り手術)が必要になります。骨ごと出ている方は口元が全体的に盛り上がっており、唇を閉じる際に力が必要なほど前に出ています。お口元が骨格的に出ていると、唇を閉じたときに顎がないように見えてしまう場合もあります。骨ごと内側に入れ込む顎骨切り手術は、1回の手術で出っ歯ではなくなりますし輪郭もきれいになります。E-ラインと呼ばれる美しい横顔の状態にする事も可能です。

骨格的な出っ歯の治療法

骨切り術を行います。

口腔外科との連携により、表情だけでなく、噛み合わせなどを十分に考慮した上で骨切り術を行います。4番の歯を抜歯し、4番の歯を支えていた骨(歯槽骨)を削りスペースを作ります。1番から3番にかけての歯と歯槽骨を削り取って後方へ移動させる出っ歯の治療法です。


症例写真

出っ歯矯正を実際に受けられた患者様の症例をご紹介します。

  • overbite
  • overbite
  • overbite
  • overbite
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中