サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

Q.サプリメントで歯周病を抑制出来るでしょうか?

基本的なデンタルケアを実践したうえで、サプリメントを用いて歯周病の予防をすることはできるのでしょうか。予防できるとしたらどのようなサプリメントをどのように摂取すると良いのでしょうか。

サプリメントで歯周病を抑制

サプリメントは歯周病に有効?

1. サプリメントとは?

サプリメントは、不足しがちな栄養補給のサポートや、ハーブ類の成分の効果を得るのが目的の食品です。栄養補助食品、健康補助食品などと呼ばれます。栄養素を補足する食品ですので、栄養素のバランスを保つことに効果がありますが、過剰摂取をしても大きな効果は期待できません。基本的には、食事やほかの薬との栄養素のバランスを考えて摂取する必要があります。また薬よりは穏やかな作用のため、ある程度の期間に継続して摂取することで効果が現れてきます。
サプリメントの作用には3つのカテゴリーがあり、サプリメント・ツリーという図で表され、「ベース」「ヘルス」「オプショナル」で分野が分かれています。

サプリメントとは?

2. サプリメントの歯周病への作用は?

栄養素の面から改善させてくれたり、口内衛生の面からサポートしてくれるサプリメントの作用もあります。歯周病の特徴に対応する成分を摂取することで、口内の健康をサポートできるでしょう。例えば、歯茎の炎症がある場合には、炎症を抑制できる成分を摂取すると、血流を良くして炎症を起こしている細胞組織の修復に必要な成分をしっかりと届けて、炎症を緩和させる働きをしてくれます。
歯周病の予防・改善では、歯磨きなどの歯垢(プラーク)を取り除く生活習慣を継続することが大切です。そのうえでサプリメントの成分が、歯周病で組織を破壊させないように予防したり、口内の傷ついた細胞を再生させ、改善を促進するという作用になります。歯周病の症状によって、必要とする成分を使い分けると良いでしょう。

サプリメントの歯周病への作用は?

サプリメントの摂取の仕方

1. サプリメントを摂取する時間は?

サプリメントは法律によって食品に分類されているため、摂取する時間の指定が特にありません。医薬品に比べて効果が穏やかなため、基本的には1日に2~3回に分けて摂取するような流れになります。
摂取するタイミングは、基本的には食事中や食後30分以内に摂取し、チョコレートなどの程よく脂肪分のある食材と一緒に摂ると成分の吸収率が高まります。成分によっては効果を得やすいタイミングや一緒に摂ると相乗効果となる成分が異なる場合があります。

サプリメントを摂取する時間は?

2. サプリメントと飲み物の組み合わせは?

基本は「コップ1杯のお水・白湯」になります。「お水・白湯」は、食べ物の消化を助け、腸のぜんどう運動を活性化し、腸で栄養素を効率良く吸収しやすくします。
「お茶」や「コーヒー」は、サプリメントの栄養素と、カフェインやタンニンがくっついてしまい、吸収率を低下させます。
「お酒」の場合は、サプリメントの表面を腸まで届けるためのコーティングをアルコールが溶かしてしまい、腸まで栄養素が届かない可能性があり、吸収率が下がることがあります。
「ジュース類」のうち、グレープフルーツやハッサク、スウィーティーはほかの薬との相互作用で薬の効果が強く出てくるなど、副作用を引き起こす可能性があるので避けましょう。少量でも、24時間~7日間ほど影響力が持続するため、グレープフルーツなどの飲み物や食べ物は、サプリメントを飲むときには控えましょう。
「牛乳・ヨーグルト」などは、成分を包み込んでしまい体内に成分が吸収されずに排泄されてしまい効果が出ない可能性があるので避けましょう。
一緒に摂取するときには「お水・白湯」と一緒に摂取すると、副作用の心配が少なく効果が期待できます。

サプリメントと飲み物の組み合わせは?

サプリメントでの注意点は?

サプリメントを摂取するときには、量やほかの薬との相互作用による「過剰摂取(オーバードーズ)」となることや、その原因からの副作用が心配されます。そのため過剰摂取を控える成分や人物について知る必要があります。同時に複数の製品を摂取せず、正しい知識を身につけながら、サプリメントを利用することが大切です。
過剰摂取では、取り返しがつかない副作用をもたらす可能性がありますので、サプリメントを摂取するときに商品パッケージの注意事項をよく読み、「成分名」「含有量」「お問い合わせ先」を確認しておきましょう。 ちなみに「海外製品」「個人輸入」などのサプリメントで「無承認無許可医薬品」の場合があり、それらの商品は「医薬品副作用被害救済制度」に適用されないのでご注意ください。
また、お近くの病院で医師、薬剤師、アドバイザリースタッフなどの専門家に確認してから使用するようにしてください。

サプリメントでの注意点は?

1. 過剰摂取(オーバードーズ)で危険な成分

成分を過剰摂取した場合に、引き起こされる症状があります。過剰摂取を長期間続けた場合には、臓器に負担をかけ、臓器の機能が著しく低下し、健康を害する可能性があります。
複数の製品のサプリメントを摂取したりせずに、別のサプリメントや薬を服用している人は、お近くの病院で医師、薬剤師、アドバイザリースタッフに確認してからご使用ください。

【過剰摂取を避けるべき成分】

  • ビタミンA
    頭痛・嘔吐・食欲不振・脱毛など
  • ビタミンD
    全身倦怠感・嘔吐・食欲不振・腎臓障害など
  • カルシウム
    腎臓結石・尿路結石・食欲不振など
  • マグネシウム
    低血圧など
  • 頭痛・胃腸障害・嘔吐など
  • 亜鉛
    貧血・発熱など
過剰摂取(オーバードーズ)で危険な成分

2. 過剰摂取(オーバードーズ)で危険な人

過剰摂取した場合に、薬の効果を弱めたり、強めたり、人命に危険が及ぶ場合があります。該当される項目がある方は、医師、薬剤師、アドバイザリースタッフに相談のうえでお使いください。妊娠されている方は、特に胎児への影響が大きくなりますのでご注意ください。

【過剰摂取を避けるべき人】

  • 薬を服用されている方
    薬とサプリメントの相互作用で、薬の作用を弱める場合があります。
  • 小さい子供
    大人を基準とした成分量なため、過剰摂取になりやすく、副作用を引き起こす可能性があります。
  • 妊娠している方
    ビタミンAの過剰摂取は奇形児の誕生率が高まります。
  • 母乳で授乳される方
    母乳を通して、小さな子供の過剰摂取となり、副作用で発育に影響する可能性があります。
  • アレルギー体質の方
    小麦などが原材料で使われている場合には、アレルギー反応を引き起こす原因となります。
過剰摂取を避けるべき人

歯周病に有効なサプリメントの成分は?

《炎症抑制》に有効な成分

歯周病の特徴である歯茎の炎症を抑制するサポートをしてくれます。歯茎のうっ血を改善させるようなコエンザイムQ10の働きによって、歯周病の炎症を落ち着かせる作用があります。これらのサプリメントは、毛細血管を拡張して、血流を良くすることで歯茎の老化も予防できます。

  • コエンザイムQ10
  • ビタミンC
  • プロポリス
《炎症抑制》に有効な成分

《出血抑制》に有効な成分

歯周病の特徴である歯茎の出血を抑制するサポートがあります。ルチンなどは、タンパク質やコラーゲンを助ける役割があり、歯茎の出血を止めて細胞の再生を促進する作用があります。これらのサプリメントは、細胞の再生させ、毛細血管の弾力を良くし、血流の流れを改善させることから、細胞組織の修復を早めて、出血の抑制を助けます。

  • ルチン
  • ビタミンK
  • MSM
《出血抑制》に有効な成分

《血管強化》に有効な成分

歯周病は血管や血圧に影響を与えるため、血管・血圧を健康に保つサポートをしてくれます。イチョウ葉エキスなどは、毛細血管を拡張したり、血流を良くしてうっ血を改善し、血小板が固まるのを防ぐので、血管を詰まらせないように、血管の流れを良くして血管を強化します。これらのサプリメントは、歯茎の毛細血管を改善させ、うっ血に効果があります。

  • コエンザイムQ10
  • アルギニン
  • イチョウ葉エキス
  • OPC
  • フラボノイド
  • DHA
  • EPA
  • ビタミンE
《血管強化》に有効な成分

《再石灰化・歯槽骨の再生促進》に有効な成分

歯周病で傷ついた歯や歯槽骨の組織の回復のサポートをしてくれます。リンなどは、歯や溶けた歯槽骨などを再生するときに、カルシウムを取り込むのを補助します。これらのサプリメントは、歯や骨などの再生を促すときに組織を形成する効果があります。

  • カルシウム
  • リン
  • カリウム
  • マグネシウム
  • ビタミンD
  • ビタミンK
  • ミネラル
  • CCP-AP
  • オリゴ糖
《再石灰化・歯槽骨の再生促進》に有効な成分

《免疫力向上・疲労回復》に有効な成分

免疫力を高め、歯周病菌による歯茎の炎症を予防します。βカロテンなどは、免疫力が高まるので、弱った細胞を炎症まで進行させないように、細胞を弱った状態にしないように支援してくれます。これらのサプリメントは、菌に負けないように細胞を強化する効果があります。

  • ビタミンB1
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • βカロテン
  • オリゴ糖
  • マクロF
  • ロイヤルゼリー
  • マカ
  • LPS(リポポリサッカライド)
  • イミダゾールペプチド
  • プロポリス
《免疫力向上・疲労回復》に有効な成分

《組織修復・保持》に有効な成分

口内の細胞や組織の修復・形成・正常な機能をサポートをしてくれます。コラーゲンなどは、カルシウムと結合することで歯茎・歯槽骨・歯根膜を再生・形成します。コラーゲンなしには、口内の細胞を形成したり、保てないということです。これらのサプリメントは、口内の仕組みを正常に機能させ補助する効果があります。

  • ビタミンA
  • ビタミンB12
  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • βカロテン
  • コラーゲン
  • マルチビタミン
  • 亜鉛
  • マグネシウム
  • 葉酸
  • ヘム鉄
  • オリゴ糖
  • ミネラル
  • ナイアシン
  • ビオチン
《組織修復・保持》に有効な成分

《口内の抗菌作用》に有効な成分

歯周病を加速させる細菌の抑制のサポートをしてくれます。ラクトフェリンなどは、口内を除菌して、細胞が傷つかないように、歯周病が進行しないように守ってくれる働きがあります。これらのサプリメントは、組織の形成とは異なりますが、口内環境を整えるという効果があります。

  • 乳酸菌
  • ラクトフェリン
  • プロポリス
  • ポリフェノール
  • カテキン
  • LS1(乳酸菌)
《口内の抗菌作用》に有効な成分

《ストレス緩和》に有効な成分

歯周病を進行させる要因として「ストレス」があり、ストレスを緩和してくれます。GABAなどは、脳への神経伝達物質として、ドーパミンなどの興奮系物質の分泌を抑制し、免疫力の低下を防ぎ、歯周病の進行を防ぎます。これらのサプリメントは、抗ストレス作用でリラックスさせ、免疫力を保つ効果があります。

  • GABA
  • チロシン
  • イノシトール
  • セロトニン
  • オメガ3脂肪酸
《ストレス緩和》に有効な成分

サプリメントは、歯周病の予防や抑制に有効です。「正しい歯磨き」を継続し、口内の組織の回復力を高めて、歯周病にならないようにしましょう。基本的に毎食後30分以内に「お水・白湯」で摂取することをおすすめします。サプリメントは使用上の注意をよく読み、過剰摂取には十分に注意してご使用ください。

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸先生

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

※補綴(ほてつ)とは、歯に被せ物をしたり、入れ歯をする治療法のことです。

学会誌
・原著
2002年
「鶴見歯学」
諸種補綴装置の比較統計的観察XV
・共同研究
2002年
「鶴見歯学」
即時プロビジョナルインプラントを使用したインプラント補綴
2003年
「鶴見歯学」
プローネマルクシステム・ノバムの使用経験
2005年
「J Oral Rehabil」
Clinical marginal and internal gaps of
In-Ceram crowns fabricated using the GN-I system.
学会講演
・講演(演者)
2001年06月16日
「第53回鶴見大学歯学会例会」
諸種補綴物の統計的観察:XV報
2003年2月16日
「平成14年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
鶴見大学口腔顎顔面インプラント科開設後1年間の臨床統計
甲府富士屋ホテル
2003年06月21日
「鶴見大学歯学会第57回例会」
共鳴振動周波数によるインプラントの客観的固定度の評価
鶴見大学会館 メインホール
2004年01月11日
「平成15年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
プロセラオールセラミッククラウンの前向き臨床評価第1報 1年経過後の成績
神奈川県パシフィコ横浜会議センター
2004年07月16日
「鶴見大学歯学会第59回例会」
プロセラオールセラミッククラウンの臨床評価
鶴見大学会館 メインホール
2004年09月24~26日
「第34回日本口腔インプラント学会学術大会」
早期荷重インプラントの固定度評価
大阪国際会議場
2004年10月15~17日
「第112回日本補綴歯科学会学術大会」
臼歯部オールセラミックブリッジの臨床経過
神奈川県横須賀市 横須賀芸術劇場
2005年05月14日
「第113回日本補綴歯科学会学術大会」
AGCクラウンの臨床評価 第1報 12~24ヶ月の初期の成績
大阪市 グランキューブ大阪(大阪国際会議場)
2006年01月08日
「平成17年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
GN-Iインセラムクラウンの臨床評価
パシフィコ横浜アネックスホール
・講演(共同演者)
2001年06月16日
「第53回鶴見大学歯学会例会」
『インプラント診療受付』に関する統計的観察
2001年12月15日
「第54回鶴見大学歯学会例会」
Lead Systemによる歯槽骨仮骨延長症例の検討
2002年06月15日
「第55回鶴見大学歯学会例会」
ブローネマルクシステム ノバムの使用経験
2002年12月21日
「第56回鶴見大学歯学会例会」
口腔顎顔面インプラント科開設後1年間の臨床統計
2003年05月09日
「第109回日本補綴歯科学会学術大会」
オールセラミッククラウンの臨床的適合度
品川区立総合区民会館「きゅりあん」
2003年10月24~26日
「第110回日本補綴歯科学会学術大会」
電鋳システムにより製作したクラウンの臨床的適合度
長野県県民文化会館
2003年11月14・15日
「The 3rd Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics,」
Prospective clinical study of Procera AllCeram crowns.
Part1. Results of 1-year follow-up
Taipei,Taiwan R.O.C
2003年11月30日
「平成15年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会」
CAMで製作されたコーピングの適合度
沖縄県市町村職員共済組合自治会館
2003年12月20日
「鶴見大学歯学会第58回例会」
諸種補綴装置の比較統計的観察X?
鶴見大学会館 メインホール
2004年01月11日
「平成15年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
インプラント補綴装置のトラブルについて 神奈川県パシフィコ横浜会議センター
2004年10月15~17日
「第112回日本補綴歯科学会学術大会」
GN-I により製作したオールセラミッククラウンの臨床的適合度
神奈川県横須賀市 横須賀芸術劇場
2005年03月05日
「平成16年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
;鶴見大学歯学部附属病院口腔顎顔面インプラント科 開設3年の治療実績について
鶴見大学会館
2005年07月16日
「鶴見大学歯学会第61回例会」
本学歯学部臨床実習生への口腔顔面インプラント科 教育実習の導入の試み
鶴見大学会館メインホール
2005年10月01・02日
「第114回日本補綴歯科学会学術大会」
プロセラオールセラムクラウンの前向き臨床評価 2-3年経過後の成績
新潟市 朱鷺メッセ
2005年11月04日
「第9回日本顎顔面インプラント学会学術大会」
1歯欠損に対するインプラント治療の統計的考察
福岡市 福岡国際会議場
2005年11月27日
「日本口腔インプラント学会 第25回関東甲信越支部学術大会」
本学歯学部臨床実習生へのインプラント教育実習導入の試み
豊島区 サンシャインシティプリンスホテル
2005年11月27日
「日本口腔インプラント学会 第25回関東甲信越支部学術大会」
鶴見大学歯学部口腔顎顔面インプラント科 開設3年の治療実績について
豊島区 サンシャインシティプリンスホテル
2006年01月08日
「平成17年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
CAD/CAMの補綴装置への応用
パシフィコ横浜アネックスホール
2006年01月28・29日
「平成17年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
CAD/CAMの補綴装置への応用
鶴見大学記念館

一言に歯並びと言っても、笑ったとき、話しているとき、口を閉じているときに一番美しく見える歯の形や歯並び、歯の色を追求する必要があります。

診療に当たる上で最も重要視しているのは患者様の要望です。

歯科医師がどんなに理想的な歯並びだと思っても、必ずしも患者様が同じように良いと思ってくれるわけではありません。

ご希望のお口元にするためには患者様と一緒に歯並びや歯の形を作り上げていくものだと考えています。

その他の歯周病に関するお役立ちコンテンツ

こちらでは、ザ・ホワイトデンタルクリニックからの基本的な歯周病治療の情報を発信しております。

お近くのクリニックを探す


無料カウンセリング予約 無料メール相談 モニター募集中

どんなご相談でも丁寧に対応いたします!

フリーダイヤル:0800-813-9308

Q.サプリメントで歯周病を抑制出来るでしょうか? ページ上部へ ひとつ上へ戻る

ザ・ホワイトデンタルクリニックの診療項目一覧