サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

ガムが歯周病予防になる

正しい歯磨きなどのデンタルケアをしたうえで、歯周病の予防は、「ガム」が有効だという研究結果が多く報告されています。対策には日々の生活の中で取り組む必要がありますが、生活習慣の中で手軽に美味しく取り入れられるため、おすすめの予防法です。

ガムが歯周病予防になる

ガムの効果

1. 唾液の分泌が増える

よく噛むと唾液腺が刺激されて、唾液の量が増えます。健康な成人で1日に約1.0~1.5リットルが分泌されます。唾液には、口臭や歯の着色、口内炎を防ぐ、粘膜保護作用などのお口の中のさまざまな健康を保つための作用があります。歯を溶かす「酸を中和」したり、「歯の再生」も促進します。

唾液の分泌が増える

2. 唾液の自浄作用などで口内の酸化を防ぐ

唾液の作用の中でも、「食べかすや歯垢(プラーク)を洗い流す」作用があります。唾液に含まれる成分でリゾチームは、抗菌作用があり、口内を清潔に保ち、虫歯や歯周病になりにくい環境にしてくれます。

唾液の自浄作用などで口内の酸化を防ぐ

3. 歯垢のpHを上昇させ細菌の増殖を抑制

ガムは、ほかのプラークコントロールの方法に比べると、簡単に取り組むことができるでしょう。歯磨きやデンタルフロスの補完的な役割として、いつ噛んでも有効ですが、毎食後30分以内の摂取を習慣づけると、口内のpH値を上げ、細菌増殖の抑制に効果的です。
ただし、糖度の濃い飲食をした後は、ガムだけで口内を衛生的に保つことは難しいというデータがあります。食事をした後は、しっかりと正しい歯磨きを行いましょう。そのうえで、さらにガムを噛むと、細菌を抑え口内の衛生環境が向上します。(※1)

  • 歯垢のpHを上昇させ細菌の増殖を抑制
  • 歯垢のpHを上昇させ細菌の増殖を抑制

歯周病の特徴・原因

1. 特徴《日常の中で気づきづらい病気》

歯周病を患う人は20代後半から増え続けます。特に50~60代の場合は、約50%の人が歯周病です。しかし、自覚症状で気づける人はあまり多くありません。「歯磨きの時に出血がある」という理由で25%前後の人が自覚症状を持ちますが、逆に75%の人は年齢を重ねてさらに症状が進行しなければ、自分自身では自覚しません。(※2)

歯周病の特徴《日常の中で気づきづらい病気》

2. 原因《歯垢(プラーク)・歯石》

歯の周りや歯と歯の間につく「歯垢(プラーク)・歯石」が主な原因となります。歯垢(プラーク)には、1mgに約1億個の細菌が含まれています。もともと歯垢(プラーク)は、悪玉菌フローラという粘膜に覆われたコロニーで、善玉菌が出す乳酸に破壊されないように歯垢(プラーク)を形成しています。
歯垢(プラーク)は唾液の成分のカルシウムとリン酸と結合して歯石になります。この歯垢(プラーク)や歯石に含まれる細菌が毒素を出し、歯肉の腫れなどを引き起こし、「歯垢ポケット」という歯と歯肉の間に隙間を作るのです。そのため症状が進行すると、歯周ポケットはさらに深くなり、歯の土台の骨も溶かされ、最終的に歯が抜けてしまうのです。

歯周病の原因《歯垢(プラーク)・歯石》

ケア

1. 《歯垢の除去》毎日の生活習慣が大切

歯周病の原因は「歯垢(プラーク)・歯石」です。歯垢(プラーク)が蓄積すると細菌がさらに増え、48時間以内に歯石になり、症状を進行させてしまうため、こまめに歯と歯の間などの歯垢(プラーク)をよく掃除することが大事です。歯垢(プラーク)は食べかすではありません。常にお口の中にいる細菌の集まりです。歯垢(プラーク)による歯肉の炎症を抑えることが歯周病ケアになるので、お口の中にいる細菌を常にプラークコントロールすることが必要です。そのため歯磨きなどの基本となるデンタルケアのほかに、細かなお手入れを生活の中で取り組むと良いでしょう。その良い生活習慣を継続することでケアの効果がさらに向上します。

《歯垢の除去》毎日の生活習慣が大切

2. 《正しい歯磨き》最大のケア

口内をきれいに保つためには、デンタルケアの基本である「歯磨き(ブラッシング法)」をしていることが、お口の健康を保つためには大前提となります。その歯磨きが正しく行われているか、それを毎食後、毎日、継続的に行われているかが、虫歯や歯周病の最大のケアになります。歯ブラシだけでなく、デンタルフロス、歯間ブラシ、部分的歯ブラシなどさまざまな清掃グッズでお手入れすることもおすすめです。

《正しい歯磨き》最大のケア

3. 《プラークコントロール》酸性化しない口内環境

歯垢(プラーク)が増えてお口の中を酸性にしないように、細かなプラークコントロールで口内のpHバランスを整えることが大切です。プラークコントロールとして有効なのは、「歯磨き」、「デンタルフロス」、「歯間ブラシ」、「マウスウォッシュ」、「ガム」、「サプリメント」などです。食べかすがお口の中に残ることで細菌が増える原因にもなりますので、毎食後の「歯磨き」、「デンタルフロス」、「歯間ブラシ」は効果が高いです。
そのほかに、忙しい生活の合間に手軽に取り込めるケアとしておすすめなのが「ガム」です。

《プラークコントロール》酸性化しない口内環境

どんなガムが歯周病予防になるか

歯周病を抑制するガムの配合成分

1. キシリトール

虫歯や歯周病予防になるとして多くのガムに配合される成分です。キシリトールは、白樺や樫の木から採取される砂糖に近い甘さがある天然甘味料で、糖アルコールの一種です。
作用として、虫歯菌(ミュータンス菌)が発生させる歯を溶かす「酸の中和」や、「虫歯菌(ミュータンス菌)の増殖抑制」、「歯垢(プラーク)の分解」をします。そのほか、「歯の再石灰化」を促進します。
再石灰化は、糖アルコールとして唾液腺を刺激し唾液の分泌量が増えることや、糖アルコールとカルシウムが結合するために促進されます。
ガムとしては、キシリトールが50%~100%配合されているもので、毎食後に摂取するケアを継続すると効果が発揮されます。ただし、シュガーレスの糖類が含まれない場合です。砂糖や水飴などの糖類が含まれているガものだと、その成分が虫歯菌(ミュータンス菌)に分解されて酸を出し、虫歯や歯周病になる原因となってしまいます。そのため食べる前に、原材料名をチェックする必要があります。さらに歯磨き後に摂取したり、就寝前に摂取するとより効果があります。

  • キシリトール
  • キシリトール

2. 今後期待されている予防の成分

【ラクトフェリン】
唾液にも含まれている成分で、お口の中の「病原微生物や歯周病菌を抗菌」してくれる作用があります。歯周ポケットの歯周病菌を減少させ、さらに歯周組織の炎症や歯周組織の破壊を防いでくれます。大手の歯磨粉を販売するメーカーがこの成分を配合したガムを販売するなど、今後の予防の成分として期待されている成分です。(※3)

今後期待されている歯周病予防の成分

【マクロカルパールC】
ユーカリから抽出される成分です。マクロカルパールCを含めたユーカリポリフェノール類には、歯周病に効果があります。作用として、「歯周病菌を抗菌」したり、「歯肉の炎症抑制」、「歯肉からの出血の抑制」、「歯垢形成を抑制」します。その結果、歯周ポケットの深さが改善されます。抗菌作用は強力ですが、口内や腸内の細菌には影響が少なく、害がない成分になります。大手の菓子メーカーが大学の研究室と共同で研究し、歯周病に効果があることを発表しました。今後の予防の成分として期待されています。(※4)

  • ユーカリ抽出物配合チューインガムの摂取が歯周組織に及ぼす影響
  • 歯周ポケットの深さの改善
  • 歯周ポケットの出血量の改善
  • 「正しい歯磨き」を実行したうえで、プラークコントロールとして、ガムは歯周病の予防に有効です。キシリトール配合率の高い、シュガーレスの商品を選び、毎食後30分以内に摂取し、よく噛んで唾液を促進させましょう。その習慣を続けることで、予防や改善につながります。
(*)参考文献
※1  トゥースフレンドリー協会「役立つ歯科情報 むし歯は食生活習慣病」(参照2016/05/30)
http://www.toothfriendly-sweets.jp/sp/shika_news_1_2.html
※2 厚生労働省「平成21年国民健康・栄養調査報告2009」(参照2016/05/30)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou/h21-houkoku.html
※3 ライオン「歯周病菌対策の新成分 ラクトフェリンの研究成果:口腔環境を改善するラクトフェリン」(参照2016/05/30)
※4 大阪大学大学院歯学研究科 研究資料「歯肉に炎症を有する20~40代」(参照2016/05/30)
永山

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中