サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

歯周病で歯茎から膿が出る場合

歯周病で歯茎から膿が出る場合

歯周病は痛みを伴わずに進行しますので、知らぬ間に歯周ポケットが深くなり、歯周ポケットの中に多くの歯周病菌、歯石、プラークがたまった状態になります。
その様な不潔な環境に抵抗する体の免疫反応の結果として膿が出る状態となります。
膿は白血球などの免疫細胞の死骸なのです。

膿が出ていても痛みは感じません。ですからほとんどの歯周病患者さんは膿が出ている事すら気づきません。

体の免疫力が落ちたりすると、歯周病菌の力が強くなり、炎症が急性化します。そうすると強い痛みが出ます。しばらくすると体と歯周病菌の戦いの産物として大量の膿が歯肉に溜まってきます。この膿は歯肉を切開して排膿させます。
その際には抗生物質と消炎鎮痛剤の服用をします。腫れが酷い場合は抗生物質の点滴をする事もあります。

歯茎のオデキから膿が出る場合

しばしば、歯茎におできのような膨らみができる事があります。これは根の病気からくる根先性歯周炎によるものです。
根尖性歯周炎は虫歯によって神経が死に、そのままにしていると根の先まで細菌が到達して根の先に最近の巣を作ります。ここでは体と細菌の闘いが起きています。
免疫反応の結果として膿がたまります。体はたまった膿を体外に排出したいので、自然に外にでる管を作ります。これが内歯瘻というものです。
内歯瘻の出口部分がおできのように膨らみ、膿の出口となります。

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中