サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

歯周病予防におすすめな歯ブラシの種類

歯周病予防はいかに歯垢を除去できるか、という点にかかっています。
歯垢は歯ブラシが歯面に正しく当たっていれば簡単に除去できます。
歯ブラシはさまざまな毛先のタイプのものが市販されていますが、写真のようなスタンダードなもので十分です。
歯ブラシの毛の硬さは「ふつう」を選択してください。
歯茎が腫れて痛むような場合は「やわらかめ」でも良いですが、柔らかいと歯垢除去効率がわるくなりますのでずっと使用することはお勧めしません。
「かため」は歯茎を傷めますので使わないでください。

歯ブラシのヘッドはなるべく小さいものを選びましょう。
ヘッドが大きいと奥歯がうまく磨けません。

毛の細さですが、歯周病の方には歯周ポケット内まで磨ける細い毛先がよいでしょう。
歯周病ではない健康な歯茎の方には普通のもので十分です。

歯ブラシの毛先が開いて来たら新しいものに交換しましょう。
目安は、ヘッドを後ろから見て毛が外にはみ出していたら交換時期です。

歯周病予防におすすめな歯ブラシの種類

部分磨き用歯ブラシ

部分磨き用歯ブラシ

歯並びが悪かったり、親知らず部分、奥歯の一番奥の面など、歯ブラシではうまく磨けないような部分の歯磨きに適しています。
写真のように小さいヘッドで細かく磨くことができます。

歯間ブラシ

歯間ブラシ

歯周病予防のためには歯ブラシだけでは不十分な場合もあります。
中年以降になると歯茎が下がってきている方もいるでしょう。そのような場合は歯間ブラシの使用がお勧めです。ブリッジが入っている部分も歯間ブラシを使って歯磨きしましょう。
歯間ブラシは何種類かのサイズがあります。
歯と歯茎の隙間の大きさによって適切なサイズを選びましょう。サイズは歯間ブラシを隙間に出し入れするときにスカスカだと細すぎます。無理やり入れないと入らないような状態ですと太すぎます。程よい抵抗感があって、歯と歯茎の間の歯面を歯ブラシできる感覚の太さが好ましいです。 サイズがわからない場合は歯科医院で歯科医師か歯科衛生士にアドバイスしてもらいましょう。

デンタルフロス

デンタルフロス

歯と歯茎の隙間が狭くて歯間ブラシが入らない、という場合はデンタルフロスやスーパーフロスというものを使うとよいでしょう。使い方は歯科医院で指導していただきましょう。

電動歯ブラシ

電動歯ブラシを使うだけで効果があると思っている方はいらっしゃいます。
電動歯ブラシも普通の歯ブラシと一緒で、磨かなくてはいけない歯面にブラシが接触していないと何の効果もありません。
通常の歯ブラシで歯磨きできていない方は電動歯ブラシを使ってもきれいに磨けません。
まずは普通の歯ブラシで正しい歯磨き方法を習得しましょう。
そのうえで使う分には時短になります。

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中