サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

歯並びの話

監修:顧問指導医

歯並びの話に関する情報をお探しの方はこちらからどうぞ。

「噛み合わせ」セルフチェック

イメージ画像

一昔前まで、日本では八重歯はチャームポイントとされていました。

しかし欧米では八重歯と言えば悪魔・ドラキュラなどが連想されたり、中国では「虎の牙」と呼ばれ、世界では悪いイメージを持たれる事が多いようです。

個人の好みはともかく、これからの国際社会に生きる為には、そういった海外の美意識を念頭にもおかざるを得ない時代を迎えているとも言えます。

自分の歯並び・噛み合わせが気になるという方も多いかと存じますので、みなさまに簡単な噛み合わせのチェック方法をお教えいたします。

◆左右のズレ、下顎のシワをチェック!

まず、顔を正面から見て顎が左右にずれていないか、口を閉じた時に下顎にしわがよっていないかチェックします。

◆鼻先から下顎を結ぶ線をチェック!

次に顔を横から見た時、鼻先と下顎を結ぶ線をEラインと言いますが、成人の場合上唇の先がEライン上もしくは少し内側にくるのが良いとされています。

ボタン 無料カウンセリング予約 無料メール相談 モニター募集中

不正咬合の種類について

不正咬合の症状はいろいろあり、叢生(そうせい、乱杭歯とも)という顎が小さいために起こる症状、上顎前突という上の前歯が前に突き出していたり、下顎が上顎に比べて引っ込んでいる場合に起こる症状、下の前歯や顎が前に突き出ている下顎前突などがあります。

そして、開咬(かいこう)は噛み合わせの悪い状態、交叉咬合(こうさこうごう)とは、奥歯が横にずれたり、下の歯列が上よりも幅が大きかったりする場合に起こる症状です。

過蓋咬合(かがいこうごう)は、噛み合わせの悪い状態で、空隙歯列はすきっ歯と言われる状態で、上下顎前突は上下とも前歯が突き出している状態です。

歯列矯正には見た目を良くする以外にも噛み合わせを良くするという役割もあり、噛み合わせが悪いと体にも様々な影響が出てくることがあります。

自分の歯並びに不安を感じたら、専門医に相談することをおすすめします。

ビフォーアフター
◆メタルボンド法の症例写真

メタルボンド法による歯列矯正により、歯並び・歯の大きさのみならず、歯の色までも白く健康的になりました。

詳しくはこちらへ
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中