サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

歯周病と歯石の関係

歯周病患者さんのほとんどの方に歯石が付いています。
歯石と歯周病には密接な関係があります。

歯周病治療の第一歩は歯石除去です。

1. なぜ歯石がたまるのか?

歯石は歯垢が唾液中の無機物が沈着して形成されます。

なぜ歯石がたまるのか?

歯磨きがきちんとできていないために歯垢がたまり、歯垢が次第に歯石になっていくのです。歯石になる前に正しい歯磨きをする事で、歯石が付くのを予防できます。

2. 歯石があったらなぜ悪いのか?

歯石は歯肉溝、歯周ポケットの上にのってしまっています。そのため、歯周ポケット内は酸素が少ない空間となり、歯周病菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。
歯周病菌は嫌気性菌と言って、酸素がない環境のほうが増殖しやすい種類の菌です。ですから歯石で封鎖された環境は歯周病菌にとって天国です。

歯石があったらなぜ悪いのか?

また、歯石表面はざらざらしていて、歯垢が付きやすくなっています。

歯石があったらなぜ悪いのか?

この写真は歯茎についた歯石の上に歯垢が付いている状態です。
歯肉は赤く腫れてしまっています。

歯石は歯周ポケット内にも形成されます。
歯周ポケット内の歯石は歯肉縁下歯石と言って、黒く、硬いのが特徴です。

歯石があったらなぜ悪いのか?

3. 歯周病治療の第一歩は歯石除去

歯周病治療は歯肉上の歯石と歯周ポケット内の歯石を除去することから始まります。
歯石をとって、歯周ポケットの風通しを良くして、歯周病菌が住み着きにくい環境づくりをしなくてはいけません。

歯石をためない様に、毎日正しく歯磨きをしましょう。

正しいブラッシングについてはこちら

歯周病治療の第一歩は歯石除去?

定期的に歯科医院で歯石除去やクリーニングを行うことで、健康な歯肉を保つ事が出来ます。
歯石をとって正しく歯磨きすればこんなにきれいな歯茎になります。

歯石があったらなぜ悪いのか?

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中