サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

インプラント治療に欠点やリスクは
ありますか?


インプラント治療は骨にインプラントを埋める手術が必要になります。

手術が怖いという方は抵抗を感じる事が多いようです。
ただ、当院の場合は静脈内鎮静法という麻酔をしてインプラント手術が出来ます。
静脈内鎮静法は点滴をして熟睡状態のうちに手術を受けられる麻酔です。
局所麻酔をする前から熟睡していますので、
うとうとと居眠りをして起きたら手術が終わっています。
痛みはもちろん手術の音や振動も一切感じません。
静脈内鎮静法は点滴をやめればすぐに目が覚めますので、
術後30分程度で帰宅可能です。


インプラントはインプラントに耐えうる骨が無いと出来ません。

骨が無ければインプラント自体出来ません。
骨があまりに脆弱な場合はインプラントと骨がつかずに
抜けてしまう事があります。
ただ、当院では柔らかい骨でも
ボーンコンデンス法という方法で手術しますので、
骨が脆弱でも抜け落ちてしまう事は99%ありません。


インプラントの成功率は100%ではありません。

何らかの原因によって骨と結合せずに抜けてしまう事があります。
一般的には下顎で99%、上顎で98%の成功率と言われています。
もし抜けてしまっても2か月ほど待ってから
再度インプラントを骨に入れると骨と結合する事がほとんどです。

全身状態が悪いとインプラントは出来ません。

糖尿病があると創傷治癒能力が低下していますので
骨とインプラントが結合しない事がたたありますので、
糖尿病の方はインプラント治療の適応外となります。
ノーコントロール(病院で治療していない状態)の高血圧や
自己免疫疾患の場合も適応外です。

治療費が高額になる

インプラントは保険診療ではないので全て自費診療となります。そのためクリニックによって治療費の差があります。
当院のインプラントはストローマンインプラントというインプラントを使用しています。
ストローマンインプラントは早期に強固に骨と結合する事が出来ます。
ストローマンインプラントの詳細はこちらのページをご覧ください。

ストローマンインプラントについてはこちら>>

治療期間が長くなることがある

当院のインプラントはストローマンインプラントというインプラントを使用しています。
このインプラントは数あるインプラントの中で最も治療期間が短縮できるインプラントです。
ストローマンインプラントの表面性状はSLAサーフェスという性状です。

この表面性状は骨を誘導して早期に骨とインプラントが結合できるような特徴があります。
そのため他のインプラントよりも治療期間が短くなりました。
例えば下顎の場合、一般的には3か月~4か月程度かかりました。
ストローマンインプラントですと骨の状態が良ければ1か月程度で終わる事も出来ます。
また、以前ではできなかったような柔らかい骨にも結合する事が出来ますので、上顎の柔らかい骨でも可能です。

しかし、骨が薄かったり、骨の高さが無い場合はインプラント手術をする前に骨造成手術をしておかなくていけません。
この様な場合は8カ月~1年くらいの治療期間がかかります。

治療後のメインテナンスに関して

インプラント周囲の歯磨きが出来ていないと、インプラントも歯周病になってしまいます。ですからインプラントやご自身の歯の状況に応じた適切な歯磨き方法を身に付けないといけません。
当院ではインプラントに歯が入る時に適した歯磨きを練習します。
適した歯ブラシのサイズや歯間ブラシのサイズなどもアドバイスいたします。

また、半年に1回の定期検診をしていますので歯磨きの練習や咬み合わせチェック、レントゲン検査、クリーニングを行います。
定期的にご来院頂くことで、歯磨きのモチベーションを高く保つことが出来ます。

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

インプラントモニター募集

症例写真

実際に受けられた患者様の症例写真をご紹介します。

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中