サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

インプラントの寿命とメンテナンス

歯科治療ならザ・ホワイトデンタルクリニック。こちらは「インプラントの寿命とメンテナンス」のページです。
インプラント治療に関する情報をお探しの方はこちらからどうぞ。

インプラントの寿命を決める要因


インプラントの寿命を決める要因

① 歯磨き
② 咬み合わせ
③ 補綴物の精度
④ インプラントの種類
⑤ インプラント周囲の骨の厚み
⑥ 喫煙
⑦ 糖尿病


1. 歯磨き

歯磨き

一番大きな要因は歯磨きと咬み合わせです。 インプラントは骨と結合が出来ていれば一生使えるものです。 しかし、歯磨きがうまくできていないとインプラント周囲炎という歯周病になってしまいます。インプラント周囲組織は天然歯の周囲組織に比べて抵抗力が弱いですのでひとたびインプラント周囲炎になると骨の吸収が早い傾向にあります。


2. 咬み合わせ

咬み合わせ

不適切な咬み合わせや食いしばり、歯ぎしりでインプラントに過度な負担がかかり続けると骨の退縮が起こります。


3. 補綴物の精度

補綴物の精度

精度の悪い補綴物(インプラント上のかぶせ物)が入っていると、インプラントに好ましくない応力がかかるので骨の退縮が起こります。
骨が退縮していくとインプラント周囲炎となり、インプラントが抜け落ちてしまいます。


4. インプラントの種類

インプラントの種類

インプラントは様々なメーカーから発売されています。
低価格なものから高価なインプラントまであります。基本的にはチタンでネジの構造をしているのは同じように見えます。
ただ、インプラントの表面性状や上部構造(インプラントに連結する歯)の精度に大きな違いがあります。

ⅰインプラントの表面性状
当院のインプラントはストローマンインプラントというインプラントです。このストローーマン社製のインプラントは世界シェア1位のインプラントです。
ストローマンインプラントの表面は骨とインプラントが強固に固定できるような構造をしています。SLAR サーフェイスやSLActiveR サーフェイスというものです。

この表面性状には早期に骨が入り込み骨の再生を促す作用があります。この性状のインプラントはストローマンインプラントだけです。

ⅱ精密な構造
インプラントは構造にゆがみやたわみがあると、骨に不良な応力が加わり、インプラントの寿命が短くなります。
ストローマン社はもともとスイスの時計部品を製造するメーカーでした。ですから精度の高い製品を作る事が出来るのです。
ですからインプラントにかぶせる歯もとても精密に作る事が出来るのです。

インプラントの寿命を延ばすためにはストローマンインプラントを選択した方が良いでしょう。

ストローマンインプラントについてはこちら>>


5. インプラント周囲の骨の厚み

インプラントを入れる際、周囲の骨の厚みが1,5ミリ以上無いと、経年的に骨が退縮してしまうと言われています。
骨が退縮するとインプラントの寿命も短くなってしまいます。
ですからそのようなことが無いように事前に骨の厚みを計測しておく必要があります。
現在は手術の前のCT検査をしてインプラントデジタル設計の際に骨が薄い事がわかりますので、インプラント手術の前に骨造成手術を併用する事もあります。

最新インプラント設計についてはこちら>>


6. 喫煙

喫煙

喫煙もインプラント周囲炎の血行不良を起こし、インプラント周囲炎を増悪させる要因となってしまいます。
そもそも喫煙者にはインプラント治療はしない、としているクリニックもあるほどです。
喫煙は歯周組織の免疫力を低下させますので歯周病やインプラント周囲炎に悪影響です。


7. 糖尿病

糖尿病はインプラント周囲組織のコラーゲン破壊を引き起こしますので、インプラント周囲炎を増悪させてしまいます。ただでさえ、インプラント周囲組織が脆弱な状態なのにそこに歯周病菌が溜まって炎症が起きてしまうと、急激にインプラント周囲炎が発生し増悪します。
インプラント治療した後に糖尿病になった場合は普段から適切な歯磨きをして歯周病菌をためないようにする必要があります。

糖尿病

前歯と奥歯で違いがあるのか?

インプラントの寿命は前歯、奥歯では変わりません。
インプラントの寿命を左右するのは歯磨きや咬み合わせです。
前歯でも奥歯でも正しい歯磨き方法を治療したクリニックで指導してもらいましょう。
当院ではインプラントの寿命を長くするために半年に1回の定期検診を行っています。
定期検診をする事で、歯磨きのモチベーションを高く保つことが可能です。
また、咬み合わせの変化がないか、レントゲン検査をして骨が退縮していないかを確認する事が可能です。

前歯と奥歯で違いがあるのか?

インプラントが抜けてしまったら

インプラントが抜けてしまうという事は、インプラント周囲の骨に炎症があるという事です。まずはその部分をきれいにしてから治癒を待ちます。
骨が吸収されてしまっている事が多いですので、同じ部分にはできない事があります。
そのような場合は、骨の造成手術を行う必要があります。

インプラントが抜けてしまったら

インプラントが抜けてしまった部分の再手術は容易な事ではありません。
技術力が高く、経験値の高い歯科医師でないとインプラントが抜けた部分の再手術は出来ません。

折角、費用と時間をかけて入れたインプラントです。インプラントの寿命を少しでも伸ばして一生快適に使えるように「毎日の歯磨き」と「定期検診」を欠かさないようにしましょう。

インプラントの寿命とメンテナンス

インプラントは正しい歯磨きと
定期的なメンテナンスによって一生、もつものです。

インプラントの寿命を決める歯磨きの仕方

歯磨きを怠るとインプラントも歯周病になります

ご自身で毎日正しい歯磨きをしているかどうかで
インプラントの寿命が決まると言っても過言ではありません。
歯磨きをしなかったり、正しく歯磨きできていない場合は
インプラント周囲炎(インプラントの歯周病)になってしまい、症状が進行すると抜けてしまう場合があります。

インプラントの寿命を延ばすためには
普通の歯ブラシ以外に歯間ブラシや
デンタルフロスなどを使う必要があります。
インプラント周囲に歯垢をためない様な歯磨きが必須です。
正しい歯磨き方法は、インプラントの入っている位置や
歯並びによって人それぞれですので、
歯科医師による指導が必要です。


インプラントのメンテナンス

インプラントのメンテナンス

また、半年~1年に1回、歯科医院で
メンテナンス(定期検診)する事もとても大切です。
定期検診では
① インプラント周囲に歯垢や歯石がたまっていないか、
②歯磨きが正しくできているか、
③噛み合わせが正しく出来ているか、
④ご自身の歯に異常がないか、などをチェックします。
もしそこで良くない予兆(歯肉炎がある、歯茎が
腫れているなど)があれば正しい歯磨き指導や、
必要に応じて噛み合わせ調整、歯石除去、
クリーニングを行い、インプラントが抜けてしまわないようにメンテナンスを行います。


当院のインプラント治療後のメンテナンス

当院のインプラント治療後のメンテナンス

このようにインプラント治療は術後のメンテナンス次第で、
寿命が変わってきますので、治療を受ける前に
よく確認して頂くことで、リスクを低減することができます。

当院ではアフターケアに力を入れており、
インプラント治療後のメンテナンスを定期的に行い、
お口の中の状態を診させて頂いております。
メンテナンスのお知らせはハガキでお送りしておりますので、
検診を忘れてしまうかも、といったご不安を回避しております。

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸先生

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

※補綴(ほてつ)とは、歯に被せ物をしたり、入れ歯をする治療法のことです。

学会誌
・原著
2002年
「鶴見歯学」
諸種補綴装置の比較統計的観察XV
・共同研究
2002年
「鶴見歯学」
即時プロビジョナルインプラントを使用したインプラント補綴
2003年
「鶴見歯学」
プローネマルクシステム・ノバムの使用経験
2005年
「J Oral Rehabil」
Clinical marginal and internal gaps of
In-Ceram crowns fabricated using the GN-I system.
学会講演
・講演(演者)
2001年06月16日
「第53回鶴見大学歯学会例会」
諸種補綴物の統計的観察:XV報
2003年2月16日
「平成14年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
鶴見大学口腔顎顔面インプラント科開設後1年間の臨床統計
甲府富士屋ホテル
2003年06月21日
「鶴見大学歯学会第57回例会」
共鳴振動周波数によるインプラントの客観的固定度の評価
鶴見大学会館 メインホール
2004年01月11日
「平成15年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
プロセラオールセラミッククラウンの前向き臨床評価第1報 1年経過後の成績
神奈川県パシフィコ横浜会議センター
2004年07月16日
「鶴見大学歯学会第59回例会」
プロセラオールセラミッククラウンの臨床評価
鶴見大学会館 メインホール
2004年09月24~26日
「第34回日本口腔インプラント学会学術大会」
早期荷重インプラントの固定度評価
大阪国際会議場
2004年10月15~17日
「第112回日本補綴歯科学会学術大会」
臼歯部オールセラミックブリッジの臨床経過
神奈川県横須賀市 横須賀芸術劇場
2005年05月14日
「第113回日本補綴歯科学会学術大会」
AGCクラウンの臨床評価 第1報 12~24ヶ月の初期の成績
大阪市 グランキューブ大阪(大阪国際会議場)
2006年01月08日
「平成17年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
GN-Iインセラムクラウンの臨床評価
パシフィコ横浜アネックスホール
・講演(共同演者)
2001年06月16日
「第53回鶴見大学歯学会例会」
『インプラント診療受付』に関する統計的観察
2001年12月15日
「第54回鶴見大学歯学会例会」
Lead Systemによる歯槽骨仮骨延長症例の検討
2002年06月15日
「第55回鶴見大学歯学会例会」
ブローネマルクシステム ノバムの使用経験
2002年12月21日
「第56回鶴見大学歯学会例会」
口腔顎顔面インプラント科開設後1年間の臨床統計
2003年05月09日
「第109回日本補綴歯科学会学術大会」
オールセラミッククラウンの臨床的適合度
品川区立総合区民会館「きゅりあん」
2003年10月24~26日
「第110回日本補綴歯科学会学術大会」
電鋳システムにより製作したクラウンの臨床的適合度
長野県県民文化会館
2003年11月14・15日
「The 3rd Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics,」
Prospective clinical study of Procera AllCeram crowns.
Part1. Results of 1-year follow-up
Taipei,Taiwan R.O.C
2003年11月30日
「平成15年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会」
CAMで製作されたコーピングの適合度
沖縄県市町村職員共済組合自治会館
2003年12月20日
「鶴見大学歯学会第58回例会」
諸種補綴装置の比較統計的観察X?
鶴見大学会館 メインホール
2004年01月11日
「平成15年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
インプラント補綴装置のトラブルについて 神奈川県パシフィコ横浜会議センター
2004年10月15~17日
「第112回日本補綴歯科学会学術大会」
GN-I により製作したオールセラミッククラウンの臨床的適合度
神奈川県横須賀市 横須賀芸術劇場
2005年03月05日
「平成16年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
;鶴見大学歯学部附属病院口腔顎顔面インプラント科 開設3年の治療実績について
鶴見大学会館
2005年07月16日
「鶴見大学歯学会第61回例会」
本学歯学部臨床実習生への口腔顔面インプラント科 教育実習の導入の試み
鶴見大学会館メインホール
2005年10月01・02日
「第114回日本補綴歯科学会学術大会」
プロセラオールセラムクラウンの前向き臨床評価 2-3年経過後の成績
新潟市 朱鷺メッセ
2005年11月04日
「第9回日本顎顔面インプラント学会学術大会」
1歯欠損に対するインプラント治療の統計的考察
福岡市 福岡国際会議場
2005年11月27日
「日本口腔インプラント学会 第25回関東甲信越支部学術大会」
本学歯学部臨床実習生へのインプラント教育実習導入の試み
豊島区 サンシャインシティプリンスホテル
2005年11月27日
「日本口腔インプラント学会 第25回関東甲信越支部学術大会」
鶴見大学歯学部口腔顎顔面インプラント科 開設3年の治療実績について
豊島区 サンシャインシティプリンスホテル
2006年01月08日
「平成17年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
CAD/CAMの補綴装置への応用
パシフィコ横浜アネックスホール
2006年01月28・29日
「平成17年度日本補綴歯科学会西関東支部学術大会」
CAD/CAMの補綴装置への応用
鶴見大学記念館

一言に歯並びと言っても、笑ったとき、話しているとき、口を閉じているときに一番美しく見える歯の形や歯並び、歯の色を追求する必要があります。

診療に当たる上で最も重要視しているのは患者様の要望です。

歯科医師がどんなに理想的な歯並びだと思っても、必ずしも患者様が同じように良いと思ってくれるわけではありません。

ご希望のお口元にするためには患者様と一緒に歯並びや歯の形を作り上げていくものだと考えています。

インプラントモニター募集

ザ・ホワイトデンタルクリニックの「インプラント治療情報」

こちらでは、ザ・ホワイトデンタルクリニックのインプラント治療の情報を発信しております。

症例写真

ザ・ホワイトデンタルクリニックでインプラント治療を実際に受けられた患者様の症例写真をご紹介します。

よくある質問

こちらでは、ザ・ホワイトデンタルクリニックに寄せられるインプラント治療のよくある質問をご紹介します。現在インプラント治療を受けようか悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。
また、ご不明な点は当院へ直接お問い合わせ下さい。

インプラント治療のよくある質問

インプラント治療に欠点やリスクはありますか?
手術が怖いという方は抵抗を感じる事が多いようです。ただ、当院…

インプラントのローンはありますか?
当院ではインプラント治療でもデンタルローンでのお支払い…

インプラント手術後は腫れますか?
インプラント手術は程度の差はありますが治療後に腫れが…

抜歯したその日にインプラント治療を開始できますか?
抜歯したその日にインプラントする事は可能です。ただ、抜歯…

インプラントの歯はホワイトニングすることができますか?
インプラントの歯はホワイトニングする事は出来ません。従って…

インプラントできないケースはありますか?
インプラント治療が出来ないケースは様々にありますので…

インプラント手術に年齢制限はありますか?
インプラント手術に年齢制限はありません。どなたでも…
インプラントは保険適用外ですか?
インプラントは保険適用外の治療法です。事故などで歯を失った…

インプラント手術は痛いですか?
歯医者には、「痛い」というイメージがあります。まして、通常…

インプラント歯周炎と歯周病は似ていますか?
インプラント周囲炎も歯周病も症状は同じです。どちらの症状も…

インプラントに副作用はありますか?
インプラントにこれといった副作用はありません。インプラン…

インプラントでも虫歯になりますか?
インプラントは虫歯になりません。虫歯は虫歯菌によって作ら…

タバコ喫煙者でもインプラント手術できますか?
たばこ喫煙者でもインプラント手術できますが、喫煙により…

金属アレルギーでもインプラント手術できますか?
保険診療で扱われる一般的な銀歯では、アレルギーを起こ…

どんなご相談でも丁寧に対応いたします!

フリーダイヤル:0800-813-9308

インプラントの寿命とメンテナンス ページ上部へ

ザ・ホワイトデンタルクリニックの診療項目一覧