サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

奥歯のインプラント治療法と症例

上顎奥歯の場合のインプラント治療

サイナスリフト
(上顎洞挙上術を併用したインプラント治療)

上顎の奥歯の部分は上顎洞がある関係で骨が無く、
そのままの状態ではインプラントが出来ない方が
いらっしゃいます。骨が無い場合は
サイナスリフト(上顎洞底挙上術)という
骨移植の手術が必要です。

サイナスリフト

骨移植後6か月ほど待ってからインプラントを骨に入れる手術を行います。
インプラントを骨に入れた後、さらに6か月ほど待ってからインプラントに歯を固定します。
骨移植手術は骨が吸収されてしまう事もありますので全てのケースで適応になるわけではありません。また、骨移植の手術に抵抗がある方は奥歯にインプラントを入れる事をあきらめなくてはいけません。

ただ、入れ歯を安定させるためのインプラントもございますので、
奥歯にインプラントが入れられなくても
不安定な入れ歯を使わなくて良くなります。

入れ歯を固定するインプラントの場合は前歯部から
小臼歯部あたりに4本のインプラントを入れます。
インプラントの上に入れ歯を固定する装置を入れ、
入れ歯がカチッとはまり落ちてこない様にする事が出来ます。

インプラントで固定する事で落ちないだけでなく、
過度に沈み込んだり動いたりしませんので、歯茎に当たって痛いという事が減ります。
また、入れ歯の上顎をくりぬけますので、普通の入れ歯よりも発音、食事がしやすくなります。


下顎奥歯の場合のインプラント治療

下顎奥歯の場合のインプラント治療

下顎の骨は通常は骨がありますので、
できない事というケースはあまりありません。
ただ、あまりにも歯周病が悪い状態で放置してしまったり、
根の病巣が大きい歯を放置していた場合、
顎骨がかなり吸収されてしまっていて、骨がなくなって
しまい、インプラントができない場合があります。

下顎奥歯部分の骨の中には下歯槽管という
下顎神経と血管が入っている重要な管が通っています。
この下歯槽管を傷つけてしまうと、
下唇、歯肉の感覚麻痺が起きてしまいます。
ですから下顎奥歯の場合、
下枝槽管までの距離が無いと
インプラントが入れられません。


病気を放置していると…

歯周病や根尖病巣など骨を溶かしている状態の歯を放置すると骨が溶けてしまい、
インプラント治療に支障が出ますので、将来、インプラント治療を考えている方が
歯を抜かずにいるのは必ずしも良い事ではありません。

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

インプラントモニター募集

症例写真

実際に受けられた患者様の症例写真をご紹介します。

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中