サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

受け口(反対咬合)はどのような横顔に
なりますか?

美しいEラインとは

美しいEライン

一般的に美しい横顔と言われるのが
鼻と顎先を結んだ線の中に
上唇と下唇がある状態です。
これをEラインと言います。
受け口、しゃくれた輪郭の方の場合、
この線から下唇が出た状態となっています。

症例1

こちらの写真の方のように、かみ合わせが深い場合、
輪郭が気になっていなくても下顎骨切り手術でなければ受け口の治療はできません。

受け口治療の症例

上の図のように下唇が白線から出ている受け口の横顔でしたが、 下顎骨切り手術によって美しいEラインになりました。

症例2

こちらの症例は本来であれば下顎骨切り手術が適応になりますが、
患者様の手術をしたくないというご意向がありましたので
オールセラミッククラウン法で受け口の治療を行いました。

受け口治療の症例

術後の口腔内の写真から、歯の状態は無理やり治療している感じですが、
唇でかくれますのでお顔つきはこの様に美しく変化しています。

症例3

上下の顎の状態には問題がなく、歯並びのせいで受け口になっている方の場合は、
オールセラミッククラウン法で歯並びと受け口を同時に治療することが可能です。
こちらの写真のように受け口だけでなく、歯並びや歯の着色も同時に治療が可能なため、
複合的なお悩みをお持ちの方の場合には、
短期間で治療が完了する当院のオールセラミッククラウン法がオススメです。

受け口治療の症例



このようにどの様な方法治療するかは患者様のご状態を拝見させて頂いた上で
患者様に合った治療法をご提案すると共に、治療法の選択は基本的に患者様にお決め頂いております。
技術的にどうしてもセラミッククラウン法では治療できない場合もございますので、
その様な場合はワイヤー矯正か下顎骨切り手術をお勧めしております。

受け口の方の特徴的な横顔がどの程度改善されるかについては、
カウンセリング時に患者様のお写真を撮影し、
コンピュータを使ってシミュレーションを行いますので、
術後のイメージを明確に持って頂けると思います。

永山

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

症例写真

実際に受けられた患者様の症例をご紹介します。

  • lantern-jew
  • lantern-jew
  • lantern-jew
  • lantern-jew
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中