サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

延長ブリッジとはどのような治療ですか?


基本的にブリッジというのは欠損部の両隣の歯を支えにして歯を入れる治療です。
ただ、欠損部が一番奥で手前にしか歯が無いような場合に歯を延長して入れるブリッジの事です。
歯が無いと噛みずらい、でも入れ歯やインプラント以外で治療したいという場合は延長ブリッジが選択されます。片持ち梁のような形状ですので、支えになる歯への負担を考えると第一選択にはなりませんが、やむを得ないような場合は延長ブリッジでの治療をする事もあります。次のような欠損であれば保険でも適応されます。

前述の様に延長ブリッジは手前の歯への負担が過度になる事があります。ブリッジの土台とする歯の状態があまり良くない場合は手前の歯が傷んでしまう事になります。
ですから奥歯1本が欠損してしまい、歯を入れる場合はインプラントがおすすめです。(骨の状態が問題無ければ)インプラントが出来ない様な場合は入れ歯か延長ブリッジを選択します。

負担が大きくなると

歯がおれたり、歯が吸収されたりしてしまいます

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中