サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

ブリッジが原因でしみることはありますか?

神経の近くまで歯を削った場合冷たいものがしみたり、痛みを感じることも…

ブリッジは欠損部の隣の歯を削って被せる治療法です。
隣が神経のある歯ですと治療の刺激で一時的に冷たいものがしみたりする事があります。
多くの場合それは一時的ですが、もし解消しない場合はブリッジが歯に合っていないか、削った部分が神経に近くて、少しの刺激でも過敏に痛みを感じている状態になっている事が考えられます。イラスト ブリッジが歯に合っていなければ再度歯型を採って、ぴったりと合ったブリッジを作り直す必要があります。
痛みが強かったり、持続的に痛むなど、日常生活に支障をきたす様な状態でしたら神経を取らなくてはいけないかもしれません。

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中