サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

虫歯になることは
ありますか?

治療が完了しても、ブリッジ周囲を適切に歯磨きしなければいずれ虫歯が出来ます。設置したブリッジが歯にピッタリあっていないと隙間にむし歯菌が入り中で虫歯になる可能性もあります。人工的に作製された歯だからといって毎日の歯磨きを疎かにしてはいけません。

虫歯になってしまうことがあります

虫歯になってしまうことがあります

歯にぴったり合っていなかったりすると、隙間からむし歯菌が入り、中で虫歯になってしまう事もあります。
保険診療の場合は歯に被せる際に使うセメントが時間経過とともに多少解けるものもあります。その様な場合はセメントが溶けた部分から虫歯が出来てしまったりもします。
ただ、これは歯にぴったり合っていればそこまで心配することはありません。
当院のブリッジは歯にぴったり合っているのはもちろん唾液に溶け出しにくい最高級の接着剤(接着性レジンセメント)で歯に被せますので、リスクを無くせます。

ただ、それでも毎日の歯磨きが出来ていないと歯茎が腫れ、歯茎が下がり、ご自身の根の部分から虫歯になってしまいます。
ブリッジの歯のダミーの部分(歯が無い部分)と支えにしている歯の間の隙間が大きく食事がつまりやすいなどという事がある場合は、その歯の形が良くないので作り直す必要があります。習慣的に食物が詰まっていると虫歯はもちろん歯肉炎、歯周病になるので治療する必要があります。

お手入れをしましょう

お手入れをしましょう

適切な磨き方はまず通常通り丁寧に歯ブラシで磨きます。その後、歯間ブラシでブリッジとご自身の歯の間を清掃します。歯間ブラシは隙間の大きさに応じたサイズの物を使用する必要があります。適切なサイズは自己判断せず、歯科医師や歯科衛生士に判断してもらいましょう。
また、歯間ブラシが入らない様な状態であればスーパーフロスという専用のデンタルフロスを使用して、歯との間を清掃します。
これは寝る前の歯磨きの際に毎日必ず行ってください。

永山

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中