サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

セラミックブリッジとはどのような
治療ですか?

ブリッジ治療にて使用するブリッジにはいくつかの種類があります。保険適用のレジンから自費診療となるセラミックブリッジです。また、セラミックブリッジの中にもメタルボンドのセラミックブリッジやオールセラミックブリッジなどもあります。セラミックブリッジというと高いイメージがありますが、保険適用と比較するとさほど高くならない場合もあります。こちらのページでは、セラミックブリッジの各メリットのご説明から、セラミックブリッジの種類の違いについてご紹介します。

セラミックブリッジは自費診療のブリッジです。
セラミックは色が自然で変色しません。
内側に金属を使用しているメタルボンドブリッジと金属を一切使用しないオールセラミックブリッジの2種類ございます。ハイブリッドセラミックというものもありますが、これは樹脂の中にセラミック成分が混ぜ込まれているものですので純粋なセラミックではございません。

セラミックブリッジの特徴

金属のあるメタルボンドというセラミックブリッジは欠損が何本かあり、ブリッジの長さが長くなるような場合や欠損が連続して2本ある様な場合に選択されます。
一般的なメタルボンドのセラミックブリッジは歯茎の部分に金属構造がありますので、
何年かすると歯茎の部分が少し黒っぽくなったりします。
しかし、当院では歯茎に接する部分の内側をセラミックにする事で、歯茎の位置が変化しても歯茎が黒ずまない特殊な加工を施したメタルボンドブリッジを製作しております。
前歯や欠損が1本だけの様な場合はオールセラミックブリッジの方がよりきれいな仕上がりです。
オールセラミックブリッジは金属が無いので金属アレルギーの心配もありません。

自費でのセラミックブリッジというと高いと思われますが保険のブリッジは変色しますし、歯茎が黒ずみます。気になってきたらまた治療を繰り返さなくてはいけません。何回も治療を繰り返すとそれだけ歯に負担ですし、保険と言えどもそれなりの料金がかかってきます。
保険の場合はブリッジ代だけではなく、初診料、再診料、レントゲン検査代、歯周病検査代、衛生指導料、型どり台、調整代など細かく色々な料金が加算されます。

当院では1本の治療代に全て含まれますので毎回治療の度に料金はかかりません。
しかも歯のデザインも緻密に行いますし、精密に歯型を採りますので歯にぴったり合うブリッジを入れる事が出来ます。また、唾液に溶け出さない接着剤で接着しますので外れる心配もほぼありません。
何度も治療する必要がありませんので、長い目で見れば保険でのブリッジよりメリットが多いと言えるでしょう。
お支払いは3~84回まで分割可能ですので、月々数千円から治療可能です。

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中