サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

歯とブリッジの間に隙間ができますか?

歯とブリッジの隙間に関しては前歯と奥歯の場合があります。前歯に関しては審美について考えられていないブリッジ治療を行った際、ブラックトライアルグルといった隙間ができる可能性があります。奥歯の場合に関しても、ブリッジと歯茎の間に隙間ができる可能性があります。当院では、審美性を考えたブリッジ治療を行うため、ブリッジと歯、歯茎の間に隙間ができないように治療します。こちらのページでは、前歯と奥歯のそれぞれのケースにて隙間ができてしまった際の状態と症状をご説明します。

前歯の場合

ブラックトライアングル

まずは前歯に関してです。
当院は審美的なブリッジを作っていますので、歯とブリッジの間に隙間が出来ない様な治療をしています。
保険診療や、審美性を考えずに作られたブリッジにはイラストの様な歯とブリッジの間に隙間があります。ブラックトライアングルと言います。これは隙間が黒く見えて見た目が悪いだけでなく、息がもれて発音に支障が出たり、食べ物が詰まったりします。
この状態は歯科治療の世界では考えられない状態です。
ブリッジと歯を歯茎の間に隙間が出来ない様に治療する事がとても重要です。
隙間はスーパーフロスで清掃します。

奥歯の場合

歯肉に少し押し込んだ状態で装着

奥歯の場合も歯とブリッジと歯茎の間にできるだけ隙間が出来ない様に治療します。
もし隙間があるとしても細い歯間ブラシがわずかな抵抗感で出し入れできる程度の隙間です。このくらいの隙間であれば食事が詰まったりする事はほぼありません。
清掃は歯間ブラシかスーパーフロスで行います。

当院では長期経過で歯茎が多少下がったとしても隙間が広がりすぎない様にポンティック(ブリッジのダミーの部分)は少し歯茎に押し込んだ形態(オベイド型)にしています。

ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設
カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中