サイトマップ

虫歯治療・歯並びならザ・ホワイトデンタルクリニック

インプラント出来ないケースは
ありますか?

インプラントを希望されてもできない場合もあります。



インプラント治療が絶対にできないケース

① 糖尿病の方
② 自己免疫疾患の方
③ 管理されていない高血圧症の方
④ 甲状腺機能亢進症の方
⑤ 肝疾患のある方
⑥ 心疾患のある方
⑦ 人工透析をされている方
⑧ 骨粗しょう症の治療薬を服用している方
⑨ 歯科医師と意思疎通の取れない方
⑩ 場合によっては喫煙者
⑪ 手が不自由で適切な歯磨きが出来ない方

ほとんどが全身疾患が原因でインプラントが絶対的不適応になります。

インプラント手術前に適切な処置をすればインプラント治療できるケース

1. 骨が足りない方

・上顎前歯部の場合
上顎前歯部の歯を喪失すると歯槽骨が吸収してインプラントを埋入するのに十分な骨がなくなっている事がほとんどです。



この様な場合は、インプラント手術前に骨造成手術と歯肉移植手術をする必要があります。
骨造成ができたら初めてインプラント手術が可能になります。

上顎奥歯の場合

・上顎奥歯の場合
上顎奥歯の場合は上顎洞という空洞がありますので、骨の高さが不足しているケースがほとんどです。

この場合はサイナスリフト(上顎洞挙上術)という手術をする必要があります。
上顎洞内に骨が生着したらインプラント手術が可能です。


下顎の場合

・下顎の場合
下顎前歯・奥歯の場合
骨の幅が無い場合は、インプラント手術前に骨造成手術を行ってから骨幅を増加させる必要があります。


下顎小臼歯から臼歯の場合

・下顎小臼歯から臼歯の場合
下顎の場合は骨の中に下顎管と言う管が通っています。

この管までの距離が無い場合はインプラントが入れられません。 ですから骨の造成手術や歯肉移植手術が必要になります。


2. 歯周病の方

歯周病の方は、口腔内に歯周病菌が多数存在しています。
その様な環境にインプラントを入れる事は出来ません。
もし歯周病の方にインプラントを入れたら、インプラントに歯を連結する前にインプラント周囲炎になってしまいます。
ですから、歯周病の治療を行い歯周病菌が少ない状態にしてからインプラント治療を行います。


ザ・ホワイトデンタルクリニックの顧問指導医 永山 幸

永山顧問指導医

永山 幸 顧問指導医Yuki Nagayama

2000年
鶴見大学 歯学部 卒業
2000年
鶴見大学付属病院補綴学教室 入局
2002年
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 勤務
2003年
某大手歯科治療クリニック 勤務
鶴見大学歯学部附属病院
口腔顎顔面インプラント科 非常勤
2006年
某大手歯科治療クリニック 歯科院長就任
2013年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 池袋院 開設
2017年
ザ・ホワイトデンタルクリニック 船橋院 開設

インプラントモニター募集

症例写真

実際に受けられた患者様の症例写真をご紹介します。

カウンセリング予約 メール相談 モニター募集中